医療レーザー脱毛は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーを肌に照射し、毛が生えないようにする脱毛方法です。

強力なレーザーを使用し、発毛組織を破壊する医療行為のため、医療機関でのみ認められている施術です。
レジーナクリニックでは、診察やカウンセリングで患者さまの毛質や肌状態を確認し、医師の指示のもと女性看護師が施術を行っています。

医療レーザー脱毛の仕組み

毛の構造

毛根は、毛乳頭とその毛乳頭を包む毛母細胞、毛母細胞に発毛を促す指令を送るバルジ領域などで構成されています。
毛乳頭は、毛を成長させる栄養分や酸素を毛母細胞へ送り出し、毛母細胞が分裂と増殖を繰り返すことによって毛が成長します。

医療レーザーで発毛組織を破壊

医療レーザー脱毛は、レーザーが毛の黒い色(メラニン色素)に反応して、発毛組織である毛乳頭や毛母細胞に熱を与えて破壊することで毛が抜け落ちます。

医療レーザーで発毛組織が破壊された毛穴から、再び毛が生えてくることはほとんどないため、脱毛の施術回数を重ねることで自己処理の回数が徐々に減っていきます。
そのため、自己処理によって起こる埋没毛や色素沈着などのリスク軽減につながります。

また、医療レーザーは皮膚表面から3~4㎜ほどの深さまでしか届かないので、血管や内臓機能に影響を与えることはありません。
ただし、発毛組織を破壊するときに熱を発しているため、毛根周辺の皮膚には赤みや火傷などが起こる場合があります。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

エステサロンや脱毛サロンなどで行う光脱毛は、医療脱毛の仕組みと同様にメラニン色素に反応する光を毛に照射します。

しかし、光脱毛では毛根にある発毛組織を破壊することはできません。
細胞を破壊する行為は医療行為にあたり、医師のいる医療機関でのみ認められているからです。
光脱毛は医療脱毛ほど照射出力を上げられないため、減毛・抑毛効果のための施術といえます。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療レーザー脱毛機によるアプローチの違い

医療脱毛に使われるレーザー脱毛機には、大きく分けて熱破壊式と蓄熱式の2種類があります。

熱破壊式と蓄熱式では破壊する細胞や特徴が異なりますが、どちらも発毛を促す細胞にアプローチし、毛が生えてこないようにすることができます。

熱破壊式(ショット式)医療レーザー脱毛機

熱破壊式(ショット式)の脱毛機は、高出力のレーザーを一瞬で毛根の奥まで熱を届けて毛乳頭と毛母細胞を破壊します。
強いレーザーを単発で照射していくため、輪ゴムで弾かれたような痛みを伴います。

熱破壊式は、濃くて太い毛を効率的に脱毛できますが、産毛のようなメラニン色素が薄い毛には毛根の発毛組織まで熱が届きにくいと言えます。

レーザー出力を上げれば産毛でも対応できますが、火傷などの肌トラブルのリスクを避けるため、出力を上げきれないので施術効果が得にくくなってしまいます。
また、肌のメラニンが増えている日焼けした褐色肌は対応できない場合もあります。

レーザーの出力が高いと照射時に肌表面にも反応してしまい、火傷を引き起こすリスクがあるためです。

蓄熱式医療レーザー脱毛機

蓄熱式の脱毛機は、毛乳頭や毛母細胞へ毛の生成を促す指令塔である「バルジ領域」をレーザーの熱で破壊します。
バルジ領域は皮膚表面の近くに位置しているため、産毛のようにメラニン色素が薄く毛根までレーザーが届きにくい毛にもアプローチすることができます。

蓄熱式レーザー脱毛機は、熱破壊式よりも施術時の痛みを感じにくいとされています。
蓄熱式は、瞬時に強いレーザーを照射する熱破壊式とは異なり、低い照射出力でバルジ領域にじんわりと熱を与え、細胞を破壊していく仕組みだからです。

また、低出力で脱毛できるため肌への負担も軽減され、熱破壊式では対応できない日焼けした褐色の肌にも対応することができます。
ただし、熱破壊式と同様に日焼けで炎症を起こしている肌は施術できないので、脱毛期間中は紫外線対策を行いましょう。

レジーナクリニックは2種類の医療レーザー脱毛機を採用

レジーナクリニックでは、熱破壊式アレキサンドライトレーザーと蓄熱式ダイオードレーザーの2種類の脱毛機を採用しています。

医師の指示のもと、患者さま一人ひとりの毛質や肌質に適した脱毛機を選んで施術を行っています。
(※蓄熱式脱毛機は札幌院、上野院、千葉院、静岡院、熊本院を除く)
患者さまが脱毛機器を指定することはできませんのでご了承ください。

レジーナクリニックで使用する2種類の医療脱毛機器

医療レーザー脱毛の効果と毛周期の関係

医療レーザー脱毛で効果を実感するためには、複数回の施術を受ける必要があります。

毛が生え変わるサイクル「毛周期」は成長期・退行期・休止期の3つの段階があり、脱毛施術は成長期の毛に効果があるためです。
医療レーザーのターゲットとなる発毛を促す細胞は、成長期の毛にしかつながっていないので、レーザーの熱を届けるには成長期の毛に照射しなければなりません。

毛周期は部位によって異なり、個人差もあります。
また毛は1本1本生え変わりのタイミングが違います。

そのため、一度の施術ですべての毛穴を脱毛できないので、脱毛効果を実感するには、毛周期に合わせてレーザー照射を繰り返す必要があるのです。
成長期の毛は毛全体のうち約2割とされているため、一回の施術で脱毛効果を得られるのは施術箇所にある毛全体のうち20%程度です。
脱毛効果を実感するには最低でも5回の照射が必要となります。

また、毛周期は顔を含む全身で1~4ヶ月の幅があると言われています。複数の部位を同時に脱毛する場合は、平均して2~3ヶ月以上あけて施術を受けることをおすすめします。

脱毛に通う適切なペースは毛周期で決まる

医療レーザー脱毛のリスクとレジーナクリニックの対応

医療脱毛は、強力なレーザーで発毛組織を破壊する医療行為であるため、火傷や炎症性浮腫、毛嚢炎(もうのうえん)、毛が太く濃くなる硬毛化・増毛化、痛みなどのリスクを伴う可能性があります。

レジーナクリニックでは、脱毛施術によって起こる肌トラブルを予防するために、肌質や毛質を見極めて照射出力を調整したり、冷却装置が搭載された脱毛機で肌を冷やしながら施術を進めたりするように努めています。

万が一、脱毛施術後に肌トラブルが起きてしまった場合は、レジーナクリニックに常駐している医師が診察をした上で、適切な処置・処方を行います。
脱毛のリスクとレジーナクリニックの対応