ブラジリアンワックスは、デリケートゾーン(VIO)の毛のワックス脱毛を指します。
専用サロンやエステサロンのほか、資格が必要ないため自分でも施術を行うことができます。
しかし皮膚への刺激が強く、肌トラブルが起こりやすいうえ、再び毛が伸びるので繰り返し処理が必要です。

一方、医療脱毛は一度施術した毛根からまた毛が生えてくることはほとんどなく、万が一の肌トラブル時も医師による診察や薬の処方を受けられます。よって、一時的ではない脱毛を希望している場合は、医療脱毛の方が適しているといえるでしょう。
無料カウンセリングフォーム

ブラジリアンワックスとは

ブラジリアンワックスは、アンダーヘアを気にせずTバックやビキニを着用するために生まれた脱毛方法です。
命名の背景には、サンバダンサーのためのTバック衣装が身近なブラジルにちなんで名付けられたという説や、脱毛方法を広めたのがブラジル人女性だったことに由来しているという説もあります。

ブラジリアンワックスは、ソフトワックス(ストリップワックスともいう)とハードワックスに分けられます。
ソフトワックスは、脱毛したい部位にワックス剤を塗布して専用のペーパーを貼り、一気に引き剥がす脱毛方法です。
毛をワックスにしっかり絡ませるため、1cmほど残しておく必要があります。広範囲の毛を一気に脱毛することができます。

ハードワックスも、脱毛したい部位にワックス剤を塗布し、固まったワックスをそのまま剥がして毛を処理します。
また、毛も2mmほど残っていれば施術可能です。
こちらはIラインのように、形が複雑で狭い範囲に使うのに適しています。
ブラジリアンワックスは一時的な除毛方法のため、1~2週間すると毛が生えてきます。
そのため、毛がない状態を保つには、繰り返し処理する必要があります。

ブラジリアンワックスで脱毛する危険性

ブラジリアンワックスは、皮膚に密着させたワックスを一気に引き剥がすので、角質などの皮膚組織まで傷つけてしまう恐れがあります。

そのため、以下のような肌トラブルが生じる可能性があります。

● 肌の炎症(赤み・ヒリヒリ感)
● 毛穴からの出血
● 埋没毛
● 毛嚢炎(毛包炎)

埋没毛は、自己処理などの外部処理によって肌のターンオーバーが正常に行われず、毛が皮膚に埋もれてしまう状態です。
皮膚の下に毛があるのが目視できます。

毛嚢炎(もうのうえん)とは、毛根を包む毛嚢部分が細菌により炎症を起こしている状態を指します。
赤いポツポツとした湿疹のようなものが現れ、痒みなどを伴うこともあります。
悪化すると患部に膿を持ち、さらに放置すると発熱などの体調不良につながる可能性もあるため、内服薬や外用薬が必要になる場合もあります。

専用サロンやエステサロンでブラジリアンワックスを受けた場合、医療機関ではないため、万が一の肌トラブルが起きた際に適切な処置や処方を受けることができません。肌トラブルが不安な場合は、診察や処方薬などのサポートがある医療機関での脱毛施術を検討しましょう。

医療脱毛とブラジリアンワックス脱毛の違い

医療脱毛とブラジリアンワックス脱毛の違いは、医療機関であるか否かだけでなく、得られる脱毛効果も異なります。

医療脱毛とブラジリアンワックス脱毛の違い

医療脱毛は、レーザーを照射して毛根にある発毛組織を破壊するため、一度施術した毛穴はほとんど毛が生えてくることはありません。
毛が少なくなると自己処理の回数が減るので、肌への負担も抑えることができます。
よって、長期的に毛が生えてこない状態を希望する場合は医療機関で脱毛施術を受けるのがよいでしょう。

医療レーザー脱毛の仕組みは?方式の違いや毛周期との関係

万が一の肌トラブル時は医師が対応

脱毛の際に万が一施術によって肌トラブルが起きた場合でも、医療機関であれば医師による診察や処方を無料で受けることができます。

レジーナクリニックは医療機関のため、事前に医師による診察を行った上で、脱毛専任の看護師が施術を行います。

肌への負担が少ない

医療レーザー脱毛は、発毛にかかわる器官にダメージを与える仕組みになっているため、ブラジリアンワックスのように皮膚表面に刺激を与えることは少ないといえるでしょう。
ただし、施術後の肌は乾燥しているため、肌トラブルを防ぐためにいつも以上に保湿をするなどのスキンケアが必要です。
脱毛後の肌トラブルを避けるためのスキンケアと自己処理方法

痛みの程度が調整可能

デリケートゾーンの脱毛は、ブラジリアンワックスでも医療脱毛でも強い痛みを伴います。

医療脱毛は照射出力の調整が可能なため、痛みの程度によって出力を変更することができ、スキントーンや肌質・毛質に合った最適な設定をおこないます。
レジーナクリニックでは照射箇所を冷却しながら施術を行うことで、患者さまがなるべく痛みを感じないよう心がけています。
どうしても痛みへの不安が強い患者さまには麻酔クリームを無料で処方しております。
レジーナクリニックの脱毛時の麻酔の処方について