医療レーザー脱毛の施術前は毛の自己処理が必要です。このとき、できる限り肌を傷つけにくい方法で行うことが大切です。
また、脱毛前や脱毛当日に気を付けるべきことはいくつかあります。しっかりと守らないと脱毛施術を受けられない場合もあるので注意しましょう。

施術前は自己処理を行う必要がある

医療レーザー脱毛の施術前は、肌トラブルのリスクを軽減するために毛の自己処理を行う必要があります。毛を処理せずに施術を行うと、伸びている毛にレーザーが反応して熱を発し、肌表面を火傷するリスクがあるためです。

レジーナクリニックでは、脱毛施術日の前日までに、手の届く範囲で脱毛箇所の自己処理を行ってから来院いただくことをお願いしております。

手の届かない範囲はレジーナクリニックのスタッフが無料でシェービングを行います。
ただし、十分な自己処理がされておらずスタッフが行う剃毛の時間が想定より長引いた場合、予定時間内にレーザー照射の施術が終わらないことがあります。

その場合でも、施術1回分の消化となりますので、施術前は可能な限り剃毛していただくようにお願いします。

剃毛の方法と適切なタイミング

レジーナクリニックでは、患者さまにご予約1~2日前の電動シェーバーによる自己処理をお願いしています。
カミソリ・除毛クリーム、毛抜き・ワックス脱毛などでの自己処理は、肌への負担が大きく肌トラブルにつながるリスクが高いためです。

カミソリ 刃が直接肌に当たるため肌を傷つけやすい
除毛クリーム 強い薬剤で毛を溶かすため肌への負担が大きい
毛抜き・ワックス脱毛 毛穴や肌に負担がかかり毛周期の乱れにつながる

特に毛抜きやワックスで毛を引き抜いてから医療レーザー脱毛を受けても、レーザー照射時に熱が発生せず、発毛組織を破壊できません。
施術効果を得られなくなるため、施術前は電動シェーバーを使って毛を処理しましょう。

VIOなどの手の届きにくい部位を自己処理するコツ

Vラインの毛は、眉毛用のハサミで短くカットし、毛の流れに沿って電動シェーバーを少しずつ動かして処理しましょう。
Iライン・Oライン・背中・うなじなどの目視では確認しづらい部位は、無理に自己処理をすると肌を傷つけるリスクがあるため、鏡を使って確認しながら慎重に剃毛を行ってください。

例えば、うなじを自己処理する際は髪の毛を持ち上げ、合わせ鏡で襟足の形を確認しながらゆっくり剃っていくのが肌を極力傷つけない方法です。

脱毛前に気を付けるべきこと

脱毛前に気を付けるべきことは、大きく4つあります。
これらをしっかりと守ることで脱毛効果を出すことや、脱毛後の肌トラブルを軽減できます。

1.制汗剤・メイク・日焼け止めクリームは塗らない

施術当日は、脱毛箇所に制汗剤や日焼け止めクリームの使用は控えましょう。
制汗剤、日焼け止めクリームが毛穴に詰まることで、レーザー照射時に発生した熱が毛根の発毛組織まで伝わりづらくなり、発毛組織が破壊できなくなることがあります。
また、成分によってはレーザーが反応して副作用が出ることがあります。
施術当日にメイクをした状態で来院された場合は、施術前にメイクを落とすようお願いしております。
レジーナクリニックではパウダールームを完備しており、ふき取りタイプのクレンジングもご用意しているので、よろしければご利用ください。
施術後はパウダールームで再びメイクすることも可能です。

2.乾燥しないよう十分に保湿する

施術前日までは、肌が乾燥しないようにしっかりと保湿することが大切です。
肌が乾燥していると医療レーザー照射時の痛みを感じやすく、やけど・炎症などのリスクも高まります。
施術による肌トラブルを避けるため、レーザーの照射出力を下げて施術するので、発毛組織が破壊できない可能性もあります。

3.当日の飲酒は避ける

レジーナクリニックでは、患者さまにご来院当日の施術前の飲酒はしないようにお願いしています。飲酒によって血行がよくなると、施術時に痛みを感じやすくなったり、赤みやかゆみが生じたりする原因になるためです。また、施術後の飲酒も体温上昇や血行促進につながり、肌トラブルを引き起こすおそれがあるため、控えていただくようにお伝えしています。
脱毛前後の飲酒はNG!飲酒リスクと飲酒してしまったときの対処法

4.日焼けしないようにケアする

施術箇所は肌トラブルを避けるためにも日焼けをしないようにすることが大切です。
日焼けによってメラニンが過剰分泌している肌状態で施術すると、本来毛の黒い部分に反応するレーザーが肌表面にも反応してしまい、やけどや炎症を引き起こす可能性があります。
レジーナクリニックでは、肌の色味や肌状態などを医師が診察した上で、照射の可否を判断しています。

脱毛でやけどのリスクが伴う理由とその対処法
レーザー脱毛期間中の日焼けはダメ!施術NGや肌トラブルの原因に

当日施術ができないケースもある

日焼けや乾燥などの肌状態だけでなく、生理や妊娠によって施術を制限されることもあります。
当日施術ができないケースに該当した場合、予約をキャンセルする必要があります。
予約をキャンセルしたい場合、レジーナクリニックでは予約日の2営業日前の20時までが期限となっております。それ以降のキャンセルは、施術1回分の消化となってしまいますのでご注意ください。

生理中はVIOの施術のみできない

VIO脱毛の予約日と生理が被ってしまった場合、肌トラブルや衛生上のトラブルを避けるためにも、施術をお断りしております。
VIOとでん部以外の部位は施術可能ですが、VIOとでん部だけを別日に振り替えることはできませんのでご了承ください。
生理が理由で予約をキャンセルする場合もキャンセル規定が適用となるので、生理日の予定を出来る限り避けるように予約しましょう。

妊娠中は施術できない

妊娠中はホルモンバランスの変化によって毛周期が乱れたり、肌が敏感になったりするため、医療レーザー脱毛の施術効果が得られにくく、肌トラブルも起こしやすくなります。また、施術中の体勢で体調が悪化する可能性もあるため、施術をお断りしております。
妊娠が発覚した場合は通っている院へご連絡いただき、予約キャンセルと契約期間の延長措置を行いましょう。
妊娠中に脱毛施術はNG!や肌荒れのリスクあり