永久脱毛は、脱毛施術後にすべての毛が永久的に生えなくなることを保証するものではありません。
脱毛施術を行った毛穴から再発毛する毛の本数が減り、その状態が長期間続く施術方法を指しています。

永久脱毛と定義されるニードル脱毛

「永久脱毛(permanent hair removal)」は、日本において明確に定義されていませんが、米国の政府機関のFDA(米国食品医薬品局)は「3回の脱毛施術によって6ヶ月後、3/2(67%)以上減毛していること」と定義しています。

そして、永久脱毛が可能な施術としてニードル脱毛(電気脱毛)を挙げています。

ニードル脱毛は毛穴に針を差し込んで電流を流し、毛根にある発毛組織を破壊する施術です。
発毛組織を破壊した毛穴からは、再発毛することはほとんどありません。
また、毛の色素・毛質の違いによって施術の制限を受けることは少なく、ほくろに生えた毛や白髪などの処理も可能です。

なお、レジーナクリニックでは、ニードル脱毛は取り扱っておりません。

ニードル脱毛の仕組みや特徴を解説!毛質や肌色を問わず施術できる理由は?

医療レーザー脱毛も発毛組織を破壊する仕組み

医療レーザー脱毛は、ニードル脱毛と同じく発毛組織を破壊する施術です。
発毛組織に電流でアプローチするニードル脱毛とは異なり、レーザーが毛の黒い色(メラニン色素)に反応して熱を発すことによって発毛組織を破壊します。

メラニン色素を含まず、レーザーが反応しない白髪は処理できませんが、そのほかの太く濃い毛や産毛への施術は可能です。
医療レーザー脱毛でも発毛組織を破壊できた毛穴から再発毛することはほとんどありません。

医療レーザー脱毛の仕組みは?方式の違いや毛周期との関係

ニードル脱毛や医療レーザー脱毛は医療行為

ニードル脱毛と医療レーザー脱毛の施術は、いずれも細胞を破壊する医療行為です。
つまり、発毛組織を破壊して再発毛の可能性を下げる施術は医療機関でしか受けられません。
エステサロンや脱毛サロンの光脱毛などの施術は細胞を破壊できないため、抑毛に向けた処理にとどまります。

ニードル脱毛や医療レーザー脱毛は毛周期に合わせた施術が必要

ニードル脱毛や医療レーザー脱毛では、施術を受ける部位のすべての毛の発毛組織を1回で破壊できるわけではありません。
施術効果が見込めるのは、発毛組織とつながっている「成長期」の毛です。

体毛には「毛周期」という生え変わりのサイクルがあり、成長期が終わると毛の成長が止まる「退行期」、毛が抜け落ちて次の成長を始める「休止期」を繰り返します。
成長期以外の毛は、毛と発毛組織が離れている状態のため、医療脱毛施術を行っても発毛組織は破壊されにくいのです。

毛周期は部位や毛穴によって異なり、すべての毛穴が同じタイミングで成長期を迎えるわけではありません。
そのため、医療脱毛施術は、成長期の毛の割合が多い時期に合わせて複数回受ける必要があるのです。

ただし、成長期にある毛を正確に見極めることはできないので、医療脱毛クリニックでは毛周期の平均な間隔である2ヶ月~3ヶ月に1度のペースの施術を提案しています。

脱毛に通う適切なペースは毛周期で決まる

医療脱毛施術後に再び毛が生えることはある?

ニードル脱毛や医療レーザー脱毛の施術で発毛細胞を破壊できた毛穴からは理論的には毛が生えてこないとされています。
しかし、脱毛施術を受けて毛が少なくなった箇所でも、ホルモンバランスの変化などによって、まれに毛が再び生えてきたように感じるケースがあります。

たとえば、女性のホルモンバランスが大きく変化する妊娠中や出産直後です。
その影響で毛周期が変化して成長期が長くなることによって、毛が濃くなり、毛が再生したと感じる可能性があります。

無料カウンセリングフォーム