ソプラノアイスプラチナム

医療脱毛に関する用語
ソプラノアイスプラチナム(当院取り扱い)について解説します

波長755nm、810nm、1064nmを組み合わせて照射する蓄熱式のダイオードレーザーです。米国FDAに認可されています。
従来のレーザーは1発の高フルエンス(高エネルギー)でのレーザー照射で毛乳頭を破壊してきましたが、低フルエンスで繰り返し照射することで毛軸周囲を45-55℃に加温し、毛包幹細胞があるとされるバルジ領域や毛母細胞や栄養血管の存在する毛乳頭の変性を引き起こすことで脱毛を実現します。
独特のクルクルと滑らすような照射方式のため、照射時にジェルを塗布します。ハンドピースはコンタクトクーリングといって肌と接する面が冷たくなっており皮膚を冷却しながら安全に照射が行えます。