ひじ下の医療レーザー脱毛

半袖のトップスを着たり腕まくりをしたりと、人目に触れやすいひじや手首。医療レーザーで毛を処理してなめらかな肌を手に入れましょう。ひじ下だけでなく二の腕もあわせて施術を受けたい場合、レジーナクリニックでは腕全体の脱毛プランもご用意しております。

ひじ下脱毛の概要

ひじ下脱毛の所要時間
30
完全予約制のため、お待たせせずに施術を行います。なお、予約時間10分前のご来院をお願いしております。
ひじ下脱毛の痛み

ひじ下の毛の太さによっては、レーザー照射時にチクっとした痛みを感じる方もいます。また、骨に近い手首やひじの関節部分、皮膚が薄いひじの内側などへの照射で痛みを感じる場合もあります。

麻酔についてのご案内
痛みを軽減するための取り組み
ひじ下脱毛の照射範囲

ひじ下脱毛は、左右のひじから手首までの内側と外側全体が照射範囲です。ひじ関節も含みます。

ひじ下脱毛のリスクとケア
ひじ下脱毛のリスク
ひじ下は、レーザー照射時に発生する熱によって施術後に赤みや腫れ(はれ)、ひりつきが出ることがあります。赤みなどが生じた場合、患部を冷たいタオルなどで冷やしましょう。数時間から数日でおさまることがほとんどですが、長引く場合は施術を受けたクリニックにご連絡ください。医師の診察や炎症を抑える薬の処方に無料で対応いたします。
ひじ下脱毛のケア
ひじ下は日焼けしやすい部位です。半袖の衣服を着る場合などは、日焼け止めクリームなどで紫外線を防ぎましょう。なお、施術当日の来院時は、日焼け止めクリームは使用しないようにお願いしています。成分が毛穴に入ると、レーザーが反応して火傷したり、発毛組織を破壊しにくくなったりするためです。長袖の着用や日傘の使用などで紫外線対策を行ってください。

※痛みや施術時間は個人差があります。

ひじ下脱毛の施術前に知っておきたいこと

施術時の服装や体勢

ベッドに仰向けで寝ていただき、両ひじ下にレーザーを照射します。半袖の衣服を着用の場合、着替えは不要です。衣服にシワがつくことが気になる方は、ラップタオルに着替えて施術を受けていただくことも可能です。

ひじの色素沈着や黒ずみへの施術対応

ひじは乾燥しやすく、衣服との摩擦も多いため黒ずみや色素沈着が起こりやすい部位です。レジーナクリニックでは、医師の診断のもとづき、色素沈着や黒ずみがある肌への施術を行っております。

ただし、肌が炎症していたり、ひどく乾燥していたりするとレーザーを照射できない場合があるため、施術前、および施術後はクリームやローションで肌を保湿してください。また施術後の肌は敏感な状態のため、衣服との摩擦の刺激も受けやすくなっています。色素沈着や黒ずみを予防するため、ゆったりとした服装で摩擦を避けるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎への対応

レジーナクリニックでは、医師の診察にもとづいて医療レーザー脱毛施術を行っております。ひじの内側などアトピー性皮膚炎の症状があり、外用薬などを使用している場合などはカウンセリング時や施術前に医師にご相談ください。

医師が施術可能と判断した場合、レーザーの出力を調整したうえで施術を行います。ただし、炎症が強く出ていたり、ひどく乾燥したりしている場合、患部を避けて照射します。

アトピー性皮膚炎や敏感肌でも医療レーザー脱毛は受けられる

ひじ下脱毛の施術回数や期間の目安

レジーナクリニックでは、患者さまに満足いただけるひじ下脱毛の施術回数の目安を5回~8回に設定しています。ただし、ひじ下に多い色素が薄く細い毛は、レーザーに反応しにくいため、追加で施術のご契約が必要になる場合もあります。

また、施術ペースは2ヶ月以上間隔を受けていただいています。コース完了までの期間は、5回の場合は8カ月~1年程度、8回の場合は1年半~2年程度です。

ひじ下の自己処理のポイント

医療レーザー脱毛施術の1~2日前に電動シェーバーでひじ下の毛を処理しましょう。手首の骨は凹凸があり、利き手の毛の処理は難しいため、けがをしないように丁寧に剃毛してください。お手入れ後はボディクリームなどを塗って保湿し、肌が乾燥しないようにしましょう。