二の腕(ひじ上)の医療レーザー脱毛

ノースリーブや半袖の衣服を着ると人目に付きやすい二の腕。肩の近くや腕の裏側は見にくく、自己処理で剃り残しやすい箇所でもあります医療脱毛で毛を処理すると、剃り残しや肌トラブル軽減につながります。また、二の腕は産毛が多く、硬毛化や増毛化が起こりやすい部位ですが、当クリニックでは患者さまの毛質を見極め、出力を調整しながらレーザーを照射していきます。

二の腕(ひじ上)脱毛の概要

二の腕(ひじ上)脱毛の所要時間
30
完全予約制のため、お待たせせずに施術を行います。なお、予約時間10分前のご来院をお願いしております。
二の腕(ひじ上)脱毛の痛み

二の腕は産毛が多く、痛みを感じにくい部位です。ただし、皮膚が薄い内側へのレーザー照射時に痛みが生じる場合があります。

麻酔についてのご案内
痛みを軽減するための取り組み
二の腕(ひじ上)脱毛の照射範囲

二の腕脱毛の施術範囲は、「肩峰」と呼ばれる肩のでっぱり部分から上腕全体です。脇やひじは施術範囲に含まれません。なお、毛が生えていない箇所がある場合、看護師が患者さまに確認したうえでレーザーを照射しないこともあります。

二の腕(ひじ上)脱毛のリスクとケア
二の腕(ひじ上)脱毛のリスク
二の腕は産毛が多いため、レーザー照射後に毛が濃く太くなる硬毛化や、増える増毛化が起こりやすい部位です。施術後にこのような症状が見られた場合、通院しているクリニックにご連絡ください。医師の診察のもと、次回施術時の照射出力を上げるなどの対応をいたします。 硬毛化・増毛化
二の腕(ひじ上)脱毛のケア
夏場など二の腕を露出しやすい時期は、日焼け止めなどで紫外線対策をおこなってください。また、施術前後の肌は乾燥しやすいため、ローションやクリームで保湿しましょう。

※痛みや施術時間は個人差があります。

二の腕脱毛の施術前に知っておきたいこと

施術時の服装や体勢

ノースリーブの場合はそのままで、半袖や長袖の場合は上半身を脱衣いただき、タオルガウンをかけて施術をおこないます。最初はベッドにうつ伏せの状態で施術し、その後、仰向けになっていただきます。

埋没毛や毛孔性苔癬がある肌への対応

レジーナクリニックでは、皮膚の下に毛が埋まったまま伸びる「埋没毛(まいぼつもう)」、肌がざらつき、ぶつぶつが生じる毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)がある肌でも、医師の診察にもとづき施術を受けていただけます。ただし、肌に炎症が起きていたり、ひどく乾燥していたりするとレーザーを照射できないことがあるため、施術前後はローションやクリームなどで乾燥を予防しましょう。

医療レーザー脱毛で毛孔性苔癬の治療はできない

なお、医療レーザー脱毛施術には、毛孔性苔癬の治療効果はありません。しかし、症状悪化の予防につながる可能性はあります。毛孔性苔癬は古い角質が毛穴にたまることが原因で症状があらわれます。医療脱毛の施術を受けると、毛が生えにくくなった毛穴が引き締まったり、自己処理の頻度が減って肌へのダメージや乾燥のリスクも軽減されたりするため、毛穴が詰まりにくくなることが期待できるのです。

二の腕脱毛の施術回数や期間の目安

レジーナクリニックでは、患者さまに満足いただける二の腕脱毛の施術回数として5回~8回のコースを提案しています。ただし、二の腕に多い産毛は、レーザーに反応しにくいため、追加で施術が必要になることもあります。

また、施術は最低2ヶ月空けて受けていただいています。コース完了までの期間は、5回の場合は最短8カ月~1年程度、8回の場合は1~2年程度です。なお、患者さまの肌状態や毛量にあわせて施術日をご提案させていただくため、コース完了の期間は個人差があります。

二の腕の自己処理のポイント

施術日の1~2日前に、二の腕の毛を電動シェーバーで剃ってください。二の腕の外側など剃りにくい部分はご自身でできる範囲で剃毛をお願いします。剃り残しは看護師が無料でシェービングいたします。また、二の腕の乾燥はざらつきやぶつぶつの原因になりますので、お手入れ後はローションやクリームなどで保湿してください。