お腹の医療レーザー脱毛

お腹の皮膚は柔らかくデリケートなため、カミソリやシェーバーなどを使った自己処理は肌を傷つけてしまう可能性があります。医療レーザーでお腹の毛を脱毛すると、セルフケアの手間が省けるだけでなく、色素沈着による黒ずみや埋没毛などの肌トラブルの予防にもつながります。なお、産毛が多いお腹は施術によって硬毛化が生じる可能性がありますが、レジーナクリニックでは毛質に合わせて照射出力を調整し、リスク低減に努めています。

お腹脱毛を施術する前に
お伝えしていること

お腹脱毛の所要時間
30
完全予約制のため、お待たせせずに施術を行います。
お時間の10分前にはご来院ください。
お腹脱毛の痛み
全体的に産毛が多いため、レーザー照射時の痛みは感じにくい部位です。ただ、へそ周りの濃い毛や肋骨、腰骨に近い部分の照射では痛みを強く感じることがあります。
麻酔についてのご案内
痛みを軽減するための取り組み
お腹脱毛の照射範囲
お腹脱毛の施術範囲は、アンダーバストから腰骨のラインまでです。脇腹とへそ周りも含みます。お腹のほか、胸や背中、腕や手元などをまとめて施術する上半身スッキリプランもご用意しています。
お腹脱毛のリスクとケア
お腹脱毛のリスク
お腹は産毛が多いため、レーザー照射後に毛が濃く太くなる「硬毛化」や、毛が増える「増毛化」が起こりやすい部位です。レジーナクリニックでは、硬毛化や増毛化の症状が生じた場合、医師の診断のもと次回施術時の出力を上げるなどして対応しています。 硬毛化・増毛化
お腹脱毛のケア
お腹の皮膚は皮脂分泌が少なく、乾燥しやすいため、日ごろからボディクリームやローションなどで丁寧に保湿しましょう。

※痛みや施術時間は個人差があります。

お腹脱毛の自己処理のポイント

お腹の皮膚は柔らかくデリケートなため、自己処理の際は毛の流れに逆らわないようにしながら電気シェーバーで丁寧に剃りましょう。シェービング後は乾燥しやすいため、ボディクリーム等で保湿してください。

カミソリや毛抜き、ワックスや除毛クリームなどは肌への負担が大きいため使わないようにしましょう。自己処理で肌が傷つくと、毛穴に細菌が入り炎症を起こす「毛嚢炎(もうのうえん)」や、毛が生えてくるときに皮膚の中に毛が埋まってしまう「埋没毛(まいぼつもう)」を引き起こすことがあります。肌トラブルを繰り返すと色素沈着や黒ずみになることもあるため、無理な自己処理はしないようにしましょう。

お腹脱毛の施術時の服装や体勢

上半身の衣服と下着を脱ぎ、ベッドに仰向けになって施術を受けていただきます。ワンピースの場合はガウンを用意しているため、それに着替えていただけます。

お腹の産毛への施術対応

お腹は産毛のような色素の薄い毛が多く、脱毛レーザーが反応しにくいため、施術効果を得るには、照射出力を上げる必要があります。ただし、出力を上げすぎると、火傷のリスクが高まるため、レジーナクリニックでは患者さまの肌質や肌状態を見ながら出力を調整して対応します。

また、お腹はホルモンバランスの影響で毛質が変わりやすい部位です。女性の場合、男性ホルモンが過剰に分泌されると、へそ周辺の毛が濃く太くなることがあります。このような毛質の差があるときも、それぞれの毛質に合わせて出力を調整したレーザーを照射します。

お腹脱毛の施術回数や期間の目安

レジーナクリニックのお腹脱毛では、毛質や毛量により異なるものの、5回以上をご満足いただける施術回数として設定しています。お腹の毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回のペースで施術を受けることで、8ヶ月~1年程度でコースが完了します。

ただ、お腹は産毛のような細い毛が多く、レーザーが反応しにくいため、施術効果を実感できるまで時間がかかることがあります。5回のコース完了後も産毛が気になるようであれば、追加でご契約いただき、1回ずつ施術を受けることも可能です。