胸の医療レーザー脱毛

皮膚が柔らかく、細く薄い毛が多い胸。鎖骨付近のデコルテは凹凸があり、自己処理も難しい部位です。医療レーザーで毛を処理すると、剃り残しやけがなどの肌トラブルのリスク軽減につながります。なお、胸に多い産毛は他の毛に比べて色素が薄く、施術が難しい部位ですが、当クリニックでは患者さまの肌質や毛質に合わせてレーザーの出力を調整して施術を行っています。

胸脱毛の概要

胸脱毛の所要時間
30
完全予約制のため、お待たせせずに施術を行います。なお、予約時間10分前のご来院をお願いしております。
胸脱毛の痛み
胸は産毛が多いため、施術時の痛みは比較的感じにくい部位です。ただ、鎖骨や肋骨など骨に近い部分は、骨に響くような鈍い痛みを感じることもあります。
麻酔についてのご案内
痛みを軽減するための取り組み
胸脱毛の照射範囲
胸脱毛は、鎖骨からアンダーバストラインまでが照射範囲です。腕との境目は肩の付け根となります。乳輪部分は肌のメラニン色素が濃く、脱毛レーザーが反応して火傷するおそれがあるため照射いたしません。
胸脱毛のリスクとケア
胸脱毛のリスク
胸は産毛が多く、レーザー照射後に硬毛化・増毛化が起こりやすい部位です。施術後に毛が太くなったり増えたりする症状が見られた場合、施術を受けたクリニックにご連絡ください。医師が診察し、次回施術時の出力を調整するなどの対応をいたします。 硬毛化・増毛化
胸脱毛のケア
レーザー照射後の肌は乾燥しやすいため、化粧水やボディクリームで保湿しましょう。ただし、油分を多く含むオイルなどはつけすぎないようにしてください。胸は皮脂腺が発達しているため、余分な油が酸化し、毛穴詰まりや毛嚢炎、肌のくすみの原因になることがあります。

また照射後の肌は刺激に弱くなっているため、締め付けが強い下着の着用は控えましょう。

※痛みや施術時間は個人差があります。

胸脱毛の施術前に知っておきたいこと

施術時の服装や体勢

上半身のみ脱衣し、ベッドに仰向けに寝て施術を受けていただきます。ワンピースを着用されている場合はタオルガウンをご用意しておりますので、着替えてご準備ください。施術範囲以外はタオルで覆い、露出部分を少なくして施術を進めます。/

胸脱毛の施術回数の目安

レジーナクリニックでは、患者さまに満足いただける施術回数の目安を5~8回と設定しています。ただし、胸は色素が薄い産毛が多く、レーザーが反応しにくいため、追加で施術が必要な場合もあります。なお、当クリニックでは、部位ごとの毛質や肌質に合わせ、出力を細かく調整しながら施術をしています。

ペースメーカーの使用や手術後の患部への対応

ペースメーカーをご使用の場合、植え込み部の直上と周辺の肌が隆起している部分、手術の傷あと以外は照射可能です。また、乳房再建手術や豊胸手術でインプラント(シリコンバッグ)を挿入されている場合も、術後のダウンタイムを終え、肌が安定している場合、医師の診察にもとづいて手術を受けていただけます。