Oラインの医療レーザー脱毛

デリケートゾーン(VIO)の一部であるOライン(肛門周り)は、毛に排泄物や生理時の経血が付着すると、かゆみやにおいの原因になります。手が届きにくく自己処理が難しいOラインの毛を医療レーザー脱毛で処理すると、かゆみやにおいを軽減し、清潔な状態を保てるようになります。

Oライン脱毛を施術する前に
お伝えしていること

Oライン脱毛の所要時間
30
完全予約制のため、お待たせせずに施術を行います。
お時間の10分前にはご来院ください。
Oライン脱毛の痛み
Oラインなどデリケートゾーンは、皮膚が薄く柔らかいため、医療レーザーの照射時に痛みを感じやすい部位です。レジーナクリニックでは、冷却機能を搭載している脱毛機で肌を冷やしながら施術し、レーザー照射で生じる熱を感じにくくし、痛み軽減につなげています。
また、痛みが不安な方には麻酔クリームを無料で処方する場合もあります。ご希望の方は、カウンセリングの際にご相談ください。
脱毛時の麻酔の処方について
Oライン脱毛の照射範囲
尾骨から左右2cm幅でIラインの境目までが施術範囲です。
Oライン脱毛のリスクとケア
Oライン脱毛のリスク
・炎症による赤み
レーザー照射時に発生する熱によって、肌に炎症が起き、赤みやかゆみの症状が現れることがあります。肌に赤みやほてり、ひりつきが生じた場合、冷たいタオルで肌を冷やしてください。炎症による症状が強く出ている場合や施術から数日以上経過しても症状が治まらない場合、施術を受けたレジーナクリニック各院にご連絡ください。当クリニックでは、施術によって生じた肌トラブル場合、医師の診察や処方に無料で対応します。

・照射漏れ
Oラインは複雑な形のため、レーザーがうまく当たらず部分的に毛が残る場合があります。施術後に毛がまとまって生えてくるなど、照射漏れの可能性がある場合、施術を受けたクリニックにご連絡をお願いします。医師が照射漏れと診断した場合、無料で再照射いたします。 照射漏れの対応
Oライン脱毛のケア
Oラインは日ごろから化粧水やクリームなどで念入りに肌を保湿しましょう。肌が乾燥していると、レーザー照射時にやけどを起こすリスクが高くなったり、痛みを感じやすくなったりします。

※痛みや施術時間は個人差があります。

Oライン脱毛の
自己処理のポイント

Oライン脱毛の施術1~2日前に電動シェーバーで自己処理を行ってください。Oラインは直接見えないため、鏡の前に座るか、鏡をまたいで剃毛部位を確認しながら手入れしましょう。

なお、Oラインは手が届きにくいうえ、皮膚が薄く形も複雑です。けがをしないように可能な範囲で剃毛してください。剃り残しは、施術当日に看護師が無料でシェービングいたします。Oラインに傷がついてしまうと、施術を受けられない可能性や、排泄によって細菌が体内に入り込むリスクがあります。

Oライン脱毛の
施術時の服装や体勢

Oライン脱毛の施術では、上半身の着替えは必要ありません。下半身は下着を脱ぎ、ベッドにうつ伏せの状態で施術を行います。腰回りや脚にはタオルをかけたうえ、Oラインを手早く照射し、患者さまの恥ずかしさ軽減に努めています。なお、施術室は完全個室となっているため、施術の様子を他の方に見られることはありません。

Oライン脱毛の施術回数と期間の目安

レジーナクリニックでは、Oライン脱毛の施術回数の目安を5回以上としています。施術は、毛が生え変わるサイクル(毛周期)を踏まえ、2ヶ月以上の間隔をあけて受けていただくため、5回コース完了までには8ヶ月から1年の期間が必要です。

なお、患者さまの毛質や毛量によって、効果の現れ方には違いがあるため、施術回数や期間には個人差があります。レジーナクリニックでは、1回単位で施術の追加契約が可能です。

生理中のOライン脱毛施術はできない

レジーナクリニックでは、生理中はOラインを含むデリケートゾーンの脱毛施術を受けられません。生理中はホルモンバランスの変化などによって肌が敏感になり、レーザー照射時に痛みを感じやすくなるためです。また、経血が医療脱毛後の刺激に敏感になっている肌に付着して、皮膚内部に雑菌が入ると、感染症を引き起こすリスクもあります。

Oライン脱毛の施術日と生理が重なる場合、通院中のレジーナクリニック各院へご連絡のうえ、予約変更やキャンセルの手続きをお願いいたします。施術日の2営業日前の20時までにご連絡いただくと、無料で予約変更・キャンセルが可能です。期限を過ぎた場合の変更は、施術1回分が消化扱いとなります。

生理中の医療レーザー脱毛は可能?

痔がある場合は医師が施術可否を判断

レジーナクリニックでは、痔がある方のOライン脱毛の施術は、医師の判断にもとづいて行います。痔の症状が軽度な場合、患部を避けてレーザーを照射することで施術は可能です。

しかし、痔の状態によっては周辺部分を大きく避けて照射する形になり、照射できる範囲が狭くなる可能性もあります。Oライン全体へ照射を希望する方は、痔の治療を優先し、症状が落ち着いた状態で施術を受けていただきます。

なお、痔の症状が重い場合や切れ痔、痔ろうを患っている場合は施術できません。痔の治療後、医療レーザー脱毛が可能となります。術後に医療脱毛施術を受けられるようになるまでの期間は個人差があるため、レジーナクリニックのカウンセリングの際、医師にご相談ください。

痔があってもVIO脱毛はできる?