VIOの医療レーザー脱毛

気になるVIOの毛を医療脱毛で。

Vライン脱毛
5回 1回
¥45,000 (税別)
※追加1回あたり:¥7,500 (税別)
¥15,000 (税別)

Vライン脱毛すると、下着や水着からアンダーヘアがはみ出てしまう心配もなくなることと同時に生理時のムレや痒みを軽減し、Vラインを清潔な状態に保ちやすくなるといったメリットがあります。
また、逆三角形やハイジニーナなどお好みのデザインにすることも可能です。レジーナクリニックの場合、デザインの種類については制限がございますので、詳しくはお近くのクリニックまでお問い合わせください。

クリニック一覧はこちら

レジーナクリニックのVライン脱毛では、恥ずかしさを軽減するためにタオルでVラインを隠しながら女性スタッフが個室で施術を行います。

Vライン脱毛の概要

Vライン脱毛は腰骨から鼠経ラインまでが照射範囲です。具体的には、左右の腰骨を結んだラインの下から、両足の付け根にある鼠径部ラインの上の範囲までです。
Vラインの毛は濃くて太いため、カミソリ等で自己処理をする際に力を入れすぎてしまい、肌を傷つけてしまうこともあります。Vライン脱毛はそのような自己処理で起こる炎症や肌荒れなどを軽減することができます。

Vライン脱毛の痛みの程度

Vラインは腕や脚と比べて濃くて太い毛が密集して生えており、照射時の痛みを感じやすい部位です。特にVラインとIラインの境目にある恥骨周辺は、皮膚が薄く毛も密集しているため、さらに強い痛みを感じやすい箇所といえます。
レーザー照射時の痛みが強いため、その反動で動いてしまうと打ち漏れが起きてしまうことがあります。レジーナクリニックでは、痛みを出来る限り軽減するために、強力な冷却機能を搭載しているレーザー脱毛機を使って、肌を冷やしながら施術を行います。

Vライン脱毛のリスク

Vラインは施術後に炎症性浮腫(皮膚の赤み・ヒリヒリ感・むくみ)などが起こりやすい部位です。レーザー脱毛機は毛の黒い色(メラニン色素)に反応するため、濃く太い毛が密集して生えているVラインはこのようなリスクがあります。
特に足の付け根の鼠径部ラインは、ショーツとの摩擦により色素沈着が生じている方も多く、脱毛レーザーが反応してしまい火傷が起こりやすい個所です。
レジーナクリニックでは色素沈着による肌トラブルを防ぐために、肌状態によっては色素沈着している部分にハイドロキノン(別売り)の塗布をおすすめする場合があります。
顔のシミなどにも使用される薬剤で、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことが見込めます。

Vラインのデザインについて

Vラインを逆三角形やオーバルなどのデザインにすることや無毛状態(ハイジニーナ)にすることが可能です。(※デザイン料や追加料金は発生いたしません)

施術前の自己処理の方法

施術前の自己処理ではハサミで短くカットした後に肌を傷つけにくい電気シェーバーで剃毛していただくことを推奨しています。
レジーナクリニックでは、IラインやOラインなどの自分では手が届きにくい部位の剃り残しはスタッフが無料で剃毛を行いますが、Vラインなどの手の届く部位は出来る限りの自己処理をしていただくようお願いしております。もし剃り残しがあっても施術前に無料で施術担当者が剃毛を行います。

人気のデザインと自然に仕上げるためのポイント

Vライン脱毛の定番デザインは以下の5つです。

ナチュラル

最もシンプルで、一般的なスタイル。

  • Vラインを整えたい方
  • Vライン脱毛初心者の方
トライアングル

ナチュラルより小さい逆三角形スタイル。

  • Vラインを整えたい方
  • 小さめのローライズの下着をつける方
オーバル

女性らしい可愛らしい印象を与えるスタイル。

  • おしゃれな下着や水着を楽しみたい方
スクエア

自然な感じに仕上るオーソドックスなスタイル。

  • Vラインを整えたい方
  • Vライン脱毛初心者の方
ハイジニーナ

海外やセレブの間で人気のスタイル。

  • おしゃれな下着や水着を楽しみたい方
  • 衛生面を気にされている方

Vライン脱毛の施術時の流れ

レジーナクリニックでのVライン脱毛の施術時間は15分程度です。
施術時の服装は上半身の服は着たままで、下半身の服は下着を含め全て脱いでいただきます。仰向けになり、足は肩幅程度に開いてまっすぐ伸ばした体勢で照射していきます。照射する箇所以外はタオルで隠しながら手早く施術を行います。
Vライン脱毛後は、下着との摩擦で肌が刺激されチクチクと痒みを感じることがありますが、乾燥が原因で痒みを引き起こしている可能性が高いため、脱毛後はしっかりと保湿ローションや保湿クリームを使って入念に保湿することが大切です。
また、コットン素材の締め付けないタイプの下着を選ぶことで、摩擦が少なくなり、ムレにくくなることから痒みを軽減できます。

Vライン脱毛で気をつけるポイント

生理中はVライン脱毛を行うことはできません。
ホルモンバランスの変化により肌が敏感になっており、痛みを感じやすいことや肌トラブルが起きやすいからです。
もし、突発的に生理が来てしまった場合は、2営業日前の20時までにキャンセルのご連絡をするようにお願いしています。それ以降のご連絡はキャンセル規定が適用となり、脱毛施術1回分の消化となりますのでご注意ください。
また、Vライン脱毛によりすそわきがが改善されることはありません。脱毛レーザーは汗腺に影響を与えることはないためです。

VIO全体をまとめて脱毛できるコースもある

デリケートゾーンは、Vライン・Iライン・Oラインと3つのパーツに分かれています。Vラインだけでなく、デリケートゾーン全体を脱毛したい場合は、VIO脱毛セットコースの用意もあります。

VIO脱毛セット
5回 1回
¥84,000 (税別)
※追加1回あたり:¥21,000 (税別)
¥42,000 (税別)
VIO脱毛はこちら