医療脱毛の豆知識

安心して治療を受けていただけるよう
医療脱毛に関する知識を紹介します

医療脱毛のレーザーの種類と違い

医療脱毛に用いられるレーザーは大きく分けてアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、Nd:YAGレーザーの3種類があります。

それぞれレーザーエネルギーの毛(メラニン)への吸収のされやすさや、到達する深さが違います。

レーザー波長吸収曲線
レーザー深達度
この図のようにメラニンへの吸収のされやすさはアレキサンドライトレーザーが最も優れており、次にダイオードレーザー、Nd:YAGと続きます。

到達する深さはNd:YAGが最も深いですが、レーザーのエネルギーは毛を伝わって毛根まで届きますので女性の毛であればアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーで問題なく脱毛が可能です。
したがって、女性の脱毛の場合はメラニンの吸収性を考えるとアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーで治療をすることをお勧めします。 
ただしアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーと一口に言っても様々なレーザーメーカーからたくさんの機種が出ています。

機械によっては設定した出力がきちんと出ない、細かいレーザーの設定ができないなど品質が劣るものもあります。
ですので、どのレーザー脱毛機器で施術を受けるかというのも重要なポイントになってきます。

そうなると厚生労働省の薬事承認を得た機械というのは効果も安全性も確認が取れたものになりますので、安心して医療脱毛を受けて頂ける機械と言えるでしょう。