脱毛には、毛が濃く硬くなる「硬毛化」や毛が増える「増毛化」と呼ばれる症状が起きるリスクがあります。原因はまだ解明されておらず、適切な予防や対策がないのが現状です。医療レーザー脱毛では、照射を続けることで症状が改善するケースもありますが、脱毛を受ける前に硬毛化・増毛化のリスクをきちんと理解しておくことが大切です。

硬毛化・増毛化とは

硬毛化や増毛化は、医療脱毛クリニックの医療レーザーだけでなく、エステサロンの光脱毛や家庭用脱毛器での脱毛など、光線で発毛組織を刺激する脱毛方法のすべてで起きる可能性があります。

・硬毛化
レーザー脱毛や光脱毛を行った際、産毛が多いような部位で脱毛できずに残った毛が濃く太くなってしまう現象です。カミソリや電気シェーバーなどによる自己処理した後、伸びてきた毛が太くなったように見えることがありますが、これは硬毛化ではありません。カミソリなど使用した場合、毛の根元の太い部分を剃るので、その断面が毛先として伸びてくると太くなったように見えてしまいます。

・増毛化
硬毛化と同様にレーザー脱毛や光脱毛を行ったあと、かえって毛の本数が増えてしまう現象です。

硬毛化や増毛化の原因は解明されていない

硬毛化・増毛化の原因はいまだに特定されていません。現在、医学界でも硬毛化や増毛化のメカニズムや対処方法が研究されています。

一説によると、医療レーザー脱毛や光脱毛で使用する光線が発毛組織を活性化させていると言われています。医療レーザー脱毛の一般的な施術では、医療レーザーが毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して熱をつくり、毛根の発毛組織を破壊することによって脱毛効果を得ます。しかし、医療レーザーが何らかの原因で脱毛に効果的な熱に変換されず、脱毛効果を得られるどころか、かえって発毛組織を刺激して活性化させているのではないかという見解です。

ホルモンバランスの変化が原因ではない

また、レーザーや光を照射していない部位において、毛が濃くなったり、増えたりすることがありますが、これは硬毛化・増毛化ではありません。ホルモンバランスの影響で毛の太さや量が変化している可能性があるので、硬毛化や増毛化と混同しないように注意しましょう。脱毛が原因でホルモンバランスが崩れることはなく、ホルモンバランスの崩れが増毛化・硬毛化の原因でもありません。

硬毛化・増毛化が起きやすい部位

硬毛化・増毛化は、顔、うなじ、背中、お腹、二の腕などの産毛や細い毛が多く生えている部位に起こりやすいと言われています。ただし、どの部位でも硬毛化・増毛化が起こる可能性はあります。

レジーナクリニックの硬毛化・増毛化への対応

原因が解明されていないため、残念ながら予防によってリスクをゼロにすることは難しいです。そのため、レジーナクリニックでは、初回カウンセリングの際に硬毛化・増毛化についてご説明し、患者様にご理解・ご納得いただいた上で脱毛施術を受けていただいております。

また、施術時には患者様の毛質や肌質をみながら、医療レーザーの強さや時間を調整しており、できる限り硬毛化や増毛化のリスクを軽減できるよう努めております。

もし、脱毛後に硬毛化や増毛化が起きた場合、医療レーザーの照射を続けることで改善されることもあります。レジーナクリニックでは、医師が診察した上で次回の施術のときに該当の場所をレーザーの出力を高めて照射するなどの対応を行っております。