レジーナクリニックでは、患者さまの肌質や毛質に応じて施術をおこなうため、2種類の脱毛機を導入しています。医師が患者さまの肌状態などを診察した上で、使用するレーザー脱毛機を選択し、施術を行います。

レジーナクリニックで使用している2種類の脱毛機

レジーナクリニックでは、熱破壊式アレキサンドライトレーザーと蓄熱式ダイオードレーザーの2種類の医療脱毛機器を導入しています。
2種類の脱毛機を使い分けている理由は、患者さま一人ひとりの肌質(褐色肌・敏感肌・普通肌など)や毛質(太い毛・産毛・毛根の深浅など)に合わせてレーザー脱毛機を選択することにより、痛み・火傷・硬毛化などのリスクを軽減につなげるためです。
なお、医療レーザー脱毛施術は医療行為であり、医師の診察に基づいて施術で使用する脱毛機器を決めています。そのため、患者さまによる機器の指定はできませんのでご了承ください。

熱破壊式アレキサンドライトレーザー脱毛機の特徴

レジーナクリニックで使用する熱破壊式アレキサンドライトレーザー脱毛機は、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応したレーザーが熱を発し、毛乳頭や毛母細胞を破壊する仕組みです。
熱破壊式の脱毛機の特徴は、パルス幅(1ショットの照射時間)が肌質や毛質に合わせて調整できることです。これにより色が濃く太い毛や産毛など毛質に合わせた出力で照射できるため、効率よく脱毛できるほか、火傷のリスクを防止にもつながります。

また、照射スピードは同シリーズ旧型の2倍で、ジェル塗布も不要なので短時間の施術が可能になり、照射時の痛みを感じる時間も短いと言えます。
一方で、メラニンが過剰に分泌されている日焼けした褐色肌や、色素沈着している箇所はレーザーによる火傷のリスクが高いため照射できない可能性もあります。
褐色肌の方や、色素沈着している箇所照射が可能か不安な方は、カウンセリングなどの際に医師にご相談ください。

レーザー脱毛期間中の日焼けはダメ!施術NGや肌トラブルの原因に

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機の特徴

レジーナクリニックで使用する蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機は、毛乳頭や毛母細胞をターゲットとする熱破壊式脱毛機とは異なり、毛根へ発毛を促す指令を送る「バルジ領域」を破壊して脱毛する仕組みです。
蓄熱式脱毛は、レーザーの熱でじんわりと肌全体を温めながらバルジ領域を破壊するため、熱破壊式脱毛よりも痛みが少なく、火傷のリスクも少ないことが特徴として挙げられます。
また、波長が異なる3種類のレーザーを同時に照射するため、さまざまな毛の深さに対応することができ、産毛や細い毛にも有効です。

医療レーザー脱毛の仕組みは?方式の違いや毛周期との関係

脱毛機による痛みを軽減するための取り組み

レジーナクリニックで導入している熱破壊式脱毛機と蓄熱式脱毛機は、どちらも痛みを軽減するための冷却システムを搭載しております。
ただし、レーザーの熱で発毛組織を破壊するという脱毛方法なので、どちらの機種でも痛みは少なからず伴います。
もしも施術中に痛みを感じる箇所があれば、我慢せずにスタッフにお声がけいただくことで、照射テンポや出力を下げるなどの痛みを軽減する対応をいたします。
また、痛みが心配な方はあらかじめスタッフにご相談いただくことで、脱毛時の痛みを軽減する麻酔クリームを無料で処方したり、無料カウンセリングで腕の一部分にテスト照射をしたりするなどの対応をしております。
※カウンセリングを申し込む際にテスト照射もご希望の旨をお伝えください。

無料カウンセリングフォーム