毛の処理を目的としたレーザーや光線の照射では、照射時に肌表面にやけどが生じる場合があります。
レジーナクリニックでは、患者さまの肌状態を確認し、レーザー出力を調整しながら照射してやけどの発生リスクを抑えるように努めています。しかし、もしレーザー照射後にやけどの症状が表れた場合、通院中のレジーナクリニックへご連絡ください。レーザー照射が原因のやけどの診察や薬の処方はすべて追加料金なしで行なっております。

レーザー・光線の照射でやけどが生じる原因

レーザー・光線の照射は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して発生した熱を毛根や付近の発毛組織に加える仕組みです。

光線の照射時に発生する熱量が多いと、熱が発毛組織だけでなく、肌表面に伝わってやけどの原因となります。このほか、紫外線による刺激や乾燥によって肌が敏感な状態で照射を受けると、熱による刺激を受けてやけどにつながる可能性があるのです。

やけどのような症状があらわれたときの対処法

レーザー照射後に肌の赤み・かゆみ・ヒリつきが生じた場合、まず肌を冷やしましょう。しかし、症状が長引く場合、やけどの可能性があるので通院中のクリニックにご相談ください。
レジーナクリニックでは、医師による診察・処置・薬の処方などを追加費用なしで行なっております。

肌の赤み・かゆみ・ヒリつきが起きている場合

レーザー照射後、肌が赤みを帯びたり、ほてりが生じたりした場合は、まず患部を冷やすことが大切です。
冷やしたタオルやタオルで包んだ保冷剤を患部にあてて、クールダウンしましょう。
ほとんどの場合は患部を冷やすか、炎症を抑える軟膏を塗ると、症状が治まります。ただし、数日経過しても症状が改善しない場合は、通院中のクリニックへご連絡ください。

水ぶくれが起きている場合

レーザー照射後、皮膚に水ぶくれが生じている際は適切な処置をしなければ、傷跡になり色素沈着につながるおそれがあります。
また、レーザーを照射した箇所が茶褐色の痕になった場合、炎症性色素沈着を起こしている可能性も考えられます。
水ぶくれが生じた際は適切な処置が必要なため、通院中のクリニックへご連絡の上、医師の診察を受けてください。

やけどをしやすい肌の特徴

日焼け肌・色黒肌

日焼け後の褐色肌やもともと肌の色が濃い方は皮膚のメラニン色素が多く、照射時の光線が皮膚の色にも反応してやけどしやすいと言われています。
レジーナクリニックでは、日焼け肌や色黒肌へのレーザー照射に対応するため、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機も使用しています。蓄熱式脱毛機で低い出力のレーザーを繰り返し照射して、照射時に発生する熱量を抑えることでやけどのリスク軽減を目指しています。なお、日焼けによって炎症が起きている肌はレーザー照射ができません。

肌が乾燥している

乾燥した肌は、皮膚内の水分量を保つバリア機能が弱まっている状態です。照射時の光線によるダメージを受けやすいため、やけどなどの炎症を引き起こす可能性があります。レーザー照射での肌負担を軽減するため、日ごろから入念な保湿ケアを行いましょう。

光過敏症や日光アレルギー

光過敏症や日光アレルギーの方は、レーザーや光の刺激で肌に赤みなどが強く出てしまい、やけどにつながる可能性があります。症状によっては照射ができないこともあるので、光過敏症や日光アレルギーの方は、カウンセリングで医師にご相談ください。
また、レジーナクリニックでは、ご希望に応じてカウンセリング時に腕や脚の一部分にテスト照射を受けることも可能です。

レジーナクリニックの照射時の対応

レーザー照射によるやけどのリスクを抑えるには、患者さまの肌状態や毛質に合わせた出力設定や照射技術が必要です。レジーナクリニックでは、事前カウンセリングで患者さまの肌状態に関するヒアリングを行い、一人ひとりの肌質・毛質に合わせた照射出力の調整を心がけております。

また、レーザー照射時もスタッフが患者さまの状態を見極め、細心の注意を払って対応しています。また、レジーナクリニックでは冷却機能が搭載されている脱毛機を採用し、肌を冷やしながら照射を行うことでやけどの原因となる熱を皮下にこもりにくくしてリスク軽減を目指しています。

万が一、レーザー照射後にやけどの症状がみられた場合、医師による診察・薬の処方を追加費用なしで対応いたします。

レーザー照射前のスキンケアのポイント

肌をしっかり保湿する

レーザー照射時の刺激を軽減するには、肌をしっかり保湿することが重要です。
保湿によって、肌のバリア機能の働きがサポートされると、レーザー照射時の肌負担軽減につながります。レーザー照射の前後は保湿ローションやクリームで肌にうるおいを与えてください。

脱毛後のケア・スキンケアのポイント

日焼けをしない

日焼けをすると肌のメラニン色素が過剰に増えてしまい、レーザー照射後に起こるやけどのリスクが高くなります。
レーザー照射でのお手入れ期間中は日焼け止めクリームや帽子、日傘の使用、肌の露出が少ない衣服の着用で、照射部位を紫外線から守るようにしましょう。

日焼けがレーザー照射に与える影響