医療レーザー照射後の皮膚には、赤み・点状のむくみ・ヒリヒリ感などの症状が出ることがあります。
これは肌に軽度の炎症と浮腫が出ている状態ですが、医療レーザー照射後には現れる症状です。
脱毛施術後の肌の赤みは、一般的に2~3日程度で自然と治まることがほとんどです。
もし、3日以上経過しても赤みが消えなかったり、症状が悪化したりしたときは、施術を受けたレジーナクリニックへのご連絡ください。
医師による診察や薬の処方など、無料でアフターケアを行います。

脱毛後に赤みが出る原因

医療レーザー照射後に赤みなどが出るのは、レーザー照射時に発生する熱が皮膚にこもり、皮膚が軽い炎症を起こすことが原因と考えられます。
特に、VIOなどの毛が太くて密集している部位や、顔などの皮膚が柔らかくてデリケートな部位は、よりレーザーの熱に反応しやすいので赤みなどの症状が起こりやすいです。

また、アトピー性皮膚炎や敏感肌の方はレーザーの刺激を受けやすいので、赤みなどの症状が出る可能性が高くなります。

医療レーザー脱毛を避けていただきたいケース

レジーナクリニックでは赤みなどの肌トラブルリスクを避けるためにも、以下のような期間を避けてご予約いただくようお願いしています。

・挙式などで肌を露出する予定がある方
挙式予定日から2ヶ月前の施術はお断りしております。

・予防接種の予定がある方
予防接種当日の施術はお断りしております。

赤みの原因は毛嚢炎の可能性もあり

医療レーザー照射後の肌の赤みは、毛嚢炎(もうのうえん)の可能性もあります。
毛嚢炎は、毛根にある毛包に細菌が入り炎症を起こしている状態です。
毛穴の周囲が赤みを帯び、膿が発生してニキビのようなものができることもあります。
毛嚢炎はレーザーの刺激によって毛穴がダメージを受け、細菌感染すると起こり、皮脂が多くニキビができやすい顔や背中などの部位に発生することが多いです。
1週間程度で自然に治まることがほとんどですが、数が多い・広範囲・痛みやかゆみが強い場合は、レジーナクリニックへご連絡ください。医師による診察後、処置や処方を行います。

レジーナクリニックによる施術後の肌の炎症防止への取り組み

医療レーザー脱毛施術後の炎症症状を防ぐためには、レーザー照射時に発生する熱が皮膚にこもらないようにすることがポイントです。

レジーナクリニックでは患部を冷やしながら医療レーザーを照射しています。

冷却装置の付いたレーザー脱毛機を使用

レジーナクリニックでは、患部を冷やしながら照射するために冷却装置のついた医療レーザー脱毛機器を使用しています。

・ショット式アレキサンドライトレーザー脱毛機
レーザーを照射する直前に-27度の冷却ガスを肌に噴射し、肌温度を冷やしてから照射を行います。

・蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機
医療脱毛時に肌へ塗布するジェルと照射ヘッドに付いている冷却装置の相乗効果で肌を冷やしながら脱毛施術を行います。

炎症を抑える軟膏を処方

医療レーザー照射後に赤みが出ている場合、炎症を抑える軟膏を患部に塗布いたします。
3日以上経過しても症状が治まらない場合、施術を受けたクリニックでの診察後、炎症を抑える軟膏を処方する場合もあります。
この場合、レジーナクリニックでは診察・治療・薬の処方などは無料で対応いたします。

医療脱毛後の赤みを抑えるセルフケア

患部を冷やす

脱毛後に赤みやヒリヒリ感が起きている場合は、皮膚が熱を持っている状態なので、患部を冷やすことで症状の緩和につながります。
冷水で冷やしたタオルや保冷剤をタオルで包んだものを患部にそっと乗せて冷やしましょう。

保湿をする

脱毛によってダメージを受けた肌はバリア機能が低下し、赤みなどの肌トラブルを起こしやすい状態です。
レーザー照射後は化粧水や保湿ローションやクリームなどで保湿ケアを行って肌のバリア機能をサポートすると、肌トラブルも起こりにくくなると言えます。
また、脱毛直後だけではなく日頃から保湿を習慣化することで、乾燥から皮膚を守ることができ肌トラブルの予防になります。

日焼けを避ける

日焼けをするとレーザー照射後の肌の赤みが悪化してしまい、やけどや色素沈着などの肌トラブルにつながりやすいので、紫外線対策はしっかりと行いましょう。
赤みなどの症状が出ている場合、日焼けを避けることで皮膚への更なる刺激を与えずに済みます。
施術後の肌はデリケートなので、摩擦を与えにくい素材の服を着て施術個所を露出しないようにしましょう。
また日焼け止めクリームを使用するときは、敏感肌用などの肌にやさしいタイプを選び、できるだけ肌負担を減すことが大切です。

血行が良くなる行動は避ける

体温が上昇すると赤みの症状が強く出てしまうため、脱毛施術の当日は、血行を促進する行動(入浴・激しい運動・マッサージ・飲酒など)をしないでください。
また、血行が促進されて汗をかくと、肌の雑菌が増え、毛嚢炎などの炎症を引き起こすリスクもあります。

脱毛後の肌トラブルを避けるためのスキンケアと自己処理方法