妊娠中は医療レーザー脱毛の施術を受けることはできません。
医療レーザーの照射は胎児への影響はないとされていますが、妊娠によるホルモンバランスの変化によって肌トラブルが起きやすかったり、脱毛施術の効果が減少したりする可能性があります。そのため、妊娠がわかったら、すみやかにクリニックに連絡して脱毛を休止しましょう。

レジーナクリニックでも、妊娠中の脱毛施術はお断りしています。ただし、出産後に施術を受けていただけるように契約休止措置をとっているので、妊娠がわかった方はご相談ください。

医療レーザーは母体や胎児に直接的な影響はない

医療レーザー脱毛では、医療レーザーが毛の黒い色素(メラニン色素)に反応し、熱を発生させて毛根や毛根に栄養を送る組織を破壊します。
つまり、医療レーザーは皮下組織の毛根の細胞に働きかけるだけで子宮や胎盤に届かないので、妊娠がわかる前に脱毛施術を受けていても胎児や母体に直接的な影響を与えるとは考えにくいのです。
ただ、妊娠中はホルモンバランスが変化するので、発毛状態が不安定になって脱毛施術をしても効果が十分に得られない、脱毛施術をすると肌トラブルが起きやすい、などのリスクが生じます。そのため、レジーナクリニックでは妊娠中の患者様の脱毛施術はお断りしております。

妊娠中に脱毛施術ができない理由

毛周期が乱れて脱毛効果が出ない恐れがある

体毛には「毛周期」という毛が生え変わるサイクルがあり、このサイクルは「成長期・退行期・休止期」の3つの段階に分かれています。
医療レーザー脱毛の施術は、毛根から新しい毛が生まれて伸びる「成長期」の毛に効果的です。つまり、効果を得るには1回目の医療レーザー照射後、退行期と休止期が過ぎて再び成長期を迎えてから2回目のレーザー照射を行う必要があります。

毛周期には個人差があり、毛周期の成長期段階を正確に見極めることは難しいですが、およそ2~3ヶ月に1回のペースで脱毛施術を行うと、成長期に合わせた脱毛をしやすいとされています。
しかし、妊娠中は女性ホルモンが盛んに分泌されることによって毛周期が乱れてしまうため、2~3ヶ月のペースで脱毛施術を行っても効果が表れにくい可能性があります。

妊娠中はホルモンの影響で体毛の量が変化する

女性ホルモンの中でも卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増えると、毛周期の成長期が持続し、成長期にある体毛が増えるので、妊娠中に毛が濃くなったと感じることがあります。妊娠中に体毛の量が増えると、妊娠前に脱毛の施術を受けていた方の中には、脱毛の効果が失われたと思う方もいるかもしれません。しかし、医療レーザー脱毛ならば、毛根の細胞を破壊した毛穴から再び毛が生えてくる可能性はほとんどなく、妊娠前の医療レーザー脱毛がすべて無駄になることはありません。

そのため、妊娠・出産を見据えて妊娠前にVIOの医療レーザー脱毛を行う方もいます。お腹が出てくると自分で処理することが難しくなり、出産時の恥ずかしさを軽減するためや、産後にデリケートゾーンを清潔に保つためです。

産後は、「悪露(おろ)」という出血が1ヶ月ほど続き、長期間ナプキンを使用することによって肌がかぶれたり、雑菌が繁殖したりすることがあります。あらかじめアンダーヘアの脱毛を済ませることによって、デリケートゾーンのかぶれや雑菌の繁殖、においなどの軽減につながり、産後の母体の負担を減らすことができます。

ただし、エステサロンの光脱毛の場合、照射出力が弱く、毛根の細胞を破壊することができないので、脱毛した毛穴から再び毛が生えることもあります。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛施術で肌荒れしても妊娠中は薬の服用が難しい

妊娠中の肌はホルモンバランスが変化することによって、メラニンの生成が活発になります。
メラニンの生成が活発な肌へ、メラニン色素に反応して毛根にダメージを与える医療レーザーを照射すると、毛穴だけではなく皮膚表面のメラニン色素に医療レーザーが反応する可能性があり、火傷やシミ、色素沈着が生じる恐れがあります。

妊娠中は胎児への影響を考え、不必要な薬の服用は避けることが望ましいです。
そのため、医療脱毛クリニックでは、肌荒れが起きても薬を処方することが難しいので、妊娠中の施術を行っていません。

このほか、脱毛施術中は仰向けやうつ伏せなど同じ体勢が長時間続くので、妊娠によって体調が不安定になっている母体に負担がかかり、つわりがひどくなったり、貧血になったりなどの体調不良をまねくこともあります。

妊娠がわかったらすぐに脱毛休止の手続きを

脱毛コース契約中に妊娠がわかった場合は、医療脱毛クリニックや脱毛サロンにできるだけ早く連絡し、次回予約をキャンセルしましょう。
妊娠中の契約についてはクリニックやサロンによって対応は異なりますが、契約延長期間や保証期間を設けていることもあります。
脱毛を検討していて今後妊娠を望んでいる方は、あらかじめ制度を確認してクリニックやサロンを選んでおくと良いでしょう。

レジーナクリニックでは、妊娠がわかった場合、契約を休止することができます。
例えば、5回コースの有効期限は1年ですが、クリニックへの連絡後最大1年間は休会できます。
その場合、脱毛再開後から休会時に残っていた有効期間分、施術に通っていただけます。

また、解約手数料が必要ですが、コースの途中で契約をキャンセルすることも可能です。
この際、解約手数料を差し引いた残りの回数分の料金は返金されます。
解約手数料や返金額は、脱毛施術コース内容や支払い方法などによって異なるので、当院にお問い合わせください。

出産後の再開時期について

レジーナクリニックでは原則、産後1ヶ月の健康診断で異常がなく、体調が妊娠前と同様まで回復していれば、授乳中でも産後2カ月目から脱毛施術を受けることができます。

妊娠中の自己処理は肌への刺激が少ない電気シェーバーで

妊娠中は肌への刺激に敏感になり肌荒れを起こしやすいため、なるべく自己処理を控えましょう。また、お腹が大きくなるにつれ、足やデリケートゾーンなどの手が届きにくい部分は上手に処理することが難しく、皮膚を傷つける可能性があります。

しかし、妊婦検診などでお腹やデリケートゾーンを見られる機会も増えるため、どうしても毛が気になってしまう方もいるでしょう。その場合、肌への負担が少ない電気シェーバーを使って処理するようにしてください。カミソリや毛抜き、ブラジリアンワックス、除毛クリームを使った自己処理は、肌への刺激が強く、トラブルが起きる原因になるので使用しないようにしましょう。