脱毛施術前後に飲酒することで、様々な肌トラブルを引き起こすリスクがあります。
そのため、レジーナクリニックでは施術前(当日)の飲酒はおやめいただくようお伝えしております。

脱毛の施術前にお酒を飲むと、通常より痛みを感じやすくなることがあるので、もし施術当日にお酒を飲む予定が入ってしまったら、すみやかに予約日を変更しましょう。
この記事では、脱毛前後の飲酒リスクと万が一飲酒してしまった際の対処法を解説していきます。

飲酒による肌への影響と脱毛リスク

脱毛前後に飲酒してはいけない期間はクリニックやサロンにより異なりますが、レジーナクリニックでは以下のように定めています。

脱毛前:当日の飲酒NG
脱毛後:当日の飲酒OK(過度な飲酒はNG)

脱毛の施術前後に飲酒をすると、体温の上昇や肌の血流の増加が原因で肌トラブルを引き起こしやすくなります。
そのため、脱毛を行う多くのクリニックやサロンでは施術前後の飲酒は控えるよう推奨しています。
アルコールの分解速度や耐性には個人差がありますが、可能な限り肌トラブルを避けるためにも上記の禁酒期間を守っていただくのが良いといえます。

脱毛前の飲酒リスク

体内にアルコールが残った状態で脱毛施術を行うと、以下のリスクがあります。

・痛みを感じやすくなる
肌の血流の増加や体温の上昇によって痛みや熱に敏感になるため、このような状態でレーザー照射すると通常時よりも痛みを感じることがあります。

・炎症が強く起こる
飲酒によって体温が上がった状態でレーザーを照射すると、赤みや痒み、腫れなどの炎症を引き起こす原因になります。
飲酒により赤みがある場合などはやけどのリスクがあるため施術をお断りする場合がございます。

脱毛後の飲酒リスク

施術前と同様で、血行が良くなることにより、施術後に炎症(赤みやヒリツキ)が出てきたり、脱毛後の炎症が強くなったり長引いたりすることがあります。
その他、飲酒以外にも脱毛後に気を付けないといけないことがいくつかあります。
脱毛後の肌トラブルを避けるためのスキンケアと自己処理方法

脱毛前後に飲酒してしまった場合の対処法

接待や、上司や友人との付き合いでどうしても飲まないのが難しいという場合は以下の対応をとるのが良いでしょう。

施術前の飲酒・・・予約日の変更
施術後の飲酒・・・肌トラブルが起きたらクリニックやサロンへ連絡

施術前に飲酒してしまったら予約日を変更しましょう

施術前(当日)にお酒を飲むことになってしまったら、すぐにクリニックやサロンへ連絡して予約の変更をしましょう。

レジーナクリニックでは万全の体調で施術を行うために、施術当日の飲酒は控えていただくようお伝えしています。

施術前日の飲酒は問題ありませんが、当日二日酔いなどの体調不良時は施術をお断りさせていただく可能性がありますので、前日でも過度な飲酒はお控えください。
また、予約変更は、予約日の2営業日前の20時までが期限となります。
それ以降のご連絡になるとキャンセル料はかかりませんが、施術1回分消化となってしまいますのでご注意ください。

施術後の肌トラブル時はクリニックへ連絡

レジーナクリニックでは、施術後に肌の炎症や痒みなどの肌トラブルが生じた場合、ご連絡いただくことで医師による診察や薬の処方を無料で受けられます。

赤みが引かない、強い炎症が生じている場合、まずはクリニックに電話することが大事です。
施術後は当日の飲酒は可能ですが、肌トラブルを避けるためにも過度な飲酒は控えていただくようお伝えしています。

まとめ

飲酒をしていない状態だったとしても、脱毛した後の肌はレーザー照射熱により乾燥するため、外部からの刺激に敏感な状態になります。

飲酒はそのような弱った自分の肌を、さらにトラブルを引き起こしやすい状態にしてしまう行為です。
無駄なリスクを背負わないためにも、脱毛前日と当日の過度な飲酒を控えるのが大事です。

万が一飲み会と予約日が被りそうな場合は、できるだけ早く予約の変更の連絡を入れるようにしましょう。