医療レーザー脱毛当日の施術前後は運動しないようにしましょう。
運動によって体温が上がると、レーザー照射時に発生した熱で皮膚に赤みが出やすくなる可能性があるからです。

また、運動中にかいた汗をそのままにしておくと、施術を受けて刺激に敏感になった肌に雑菌が繁殖して肌トラブルを起こす場合があります。
レジーナクリニックでは、患者さまに施術日の前後数日は激しい運動を控えるようお願いしています。

医療レーザー脱毛前後の運動が施術に与える影響

体温上昇により赤みやかゆみが生じやすくなる

医療レーザー脱毛の施術では、毛の黒い色素(メラニン)に反応したレーザーが熱を発し、発毛組織を破壊します。
施術後はレーザーが発した熱が皮膚内にこもっている状態です。
施術直後に運動して体温が上がると、この熱が冷めにくくなるため、肌に赤みやかゆみが起きやすくなってしまいます。

また、医療レーザー脱毛施術は肌をできるだけ落ち着かせた状態で受けることが望ましいです。
施術前に運動して体温が上がると、体は熱を放出しようとするため、そのタイミングでレーザーを照射すると、施術後の肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。

運動量にかかわらず、ヨガやストレッチ、ジムのトレーニングなど体を動かすことは少なからず体温の上昇につながるため、施術前後は控えましょう。
また運動以外にも飲酒や入浴、サウナや岩盤浴などの体温を上げる行為は、医療レーザー脱毛施術当日は避けてください。

汗をかいて不衛生な状態が続くと毛嚢炎のリスクにつながる

運動後にかいた汗を放置すると、雑菌が汗や皮脂、老廃物を栄養として取り入れるため、毛穴に雑菌が繁殖しやすい状態となります。

医療レーザー脱毛後は、レーザー照射時に発生する熱の影響でバリア機能が低下しているため、汗を放置して繁殖した雑菌が原因で毛穴やその周辺が炎症を起こす「毛嚢炎(もうのうえん)」などのリスクが高まります。

また、医療脱毛当日の施術前後は、汗やニオイをおさえるための制汗剤の使用も厳禁です。
制汗剤の成分が毛穴に入り込むとレーザーが過剰に反応して火傷の原因になったり、施術後の敏感になっている肌に刺激を与えて肌トラブルを引き起こしたりする場合があります。

屋外の運動で日焼けをするとレーザー照射ができない

屋外運動などが原因で日焼けをして、肌に炎症がおきている場合、医療レーザー脱毛施術はできません。
日焼けによってメラニンが増加した肌にレーザーを照射すると、毛だけでなく肌表面にも反応して、火傷や毛穴の炎症につながるためです。

紫外線対策のためにも医療レーザー脱毛前後の屋外での運動は避けてください。
また、施術後の刺激に弱くなっている肌に紫外線を浴びると、炎症やシミ、色素沈着などを起こすリスクが高まるので、日傘や露出が少ない服、日焼け止めクリームなどで日焼けを予防しましょう。

脱毛のリスクとレジーナクリニックの対応

医療レーザー脱毛後に運動を始めるタイミング

医療レーザー施術後は、翌日以降に運動を再開しましょう。
ただし、施術翌日は目に見える赤みや炎症などの症状が落ち着いていても、体内にはまだレーザー照射時の熱が残っている可能性があります。
運動量によっては、赤みやかゆみが生じることがあるので、特に症状がない場合でも激しい運動はせず、施術後2~3日は肌の様子を見てください。

また、施術から2~3日が経過しても、肌に赤みやほてりが出ている場合、激しい運動は控えるようにしましょう。

運動後に赤みやかゆみが出た場合の対処法

医療レーザー脱毛施術から2~3日が経過し、肌の状態が落ち着いたころに運動して赤みやかゆみが出た場合は、まず肌を冷やして保湿しましょう。
冷たいタオルやガーゼなどで包んだ保冷剤を患部にやさしく当ててください。

症状が出始めて2~3日たっても赤みや炎症、かゆみなどが引かない場合、施術を受けたレジーナクリニック各院に相談ください。

クリニック一覧はこちら

無料カウンセリングフォーム