肌の赤みやひりつきなどの症状が出やすい敏感肌の方でも医療レーザー脱毛施術を受けていただけます。
レジーナクリニックでは、医師が患者さまの肌状態に合わせて脱毛機器を選定し、照射出力の設定をおこないます。
また施術後の肌トラブル予防に向けたスキンケアなどのアドバイスも行っています。

なお、外部からの刺激に弱い敏感肌の場合、カミソリや毛抜きを利用した自己処理が原因で肌トラブルが起きやすい傾向があります。
医療レーザー脱毛によって、お手入れの頻度が下がると肌への負担軽減も期待できます。

敏感肌に対する医療レーザー脱毛の対応

医療レーザー脱毛は、毛の黒い色素(メラニン)をターゲットにレーザーを照射します。
毛穴の奥にある発毛組織を破壊するため、肌表面に与える刺激は少ない施術と言えます。

さらにクリニックでは、医師が患者さまの肌状態に合わせて照射出力を設定し、皮膚への負担をかけにくい施術を心がけているため、敏感肌の方への施術も対応できるのです。

また、医療脱毛クリニックでは、事前のカウンセリングで問診や医師の診察により必要に応じてテスト照射を行い、施術に進みます。
患者さまはテスト照射にて肌のレーザーに対する反応や痛みの感じ方を確認したり、カウンセリングで肌悩みや施術に関する疑問や不安も相談したりできます。

レジーナクリニックでもカウンセリングや医師による診察を行い、希望者へのテスト照射を実施しています。
テスト照射をご希望の際は、カウンセリング予約時にお伝えください。
また、施術が原因で肌トラブルが生じた場合には、医師による診察や処置を無料で受けられます。

炎症や化膿がある部分は施術ができない

レーザーを照射する箇所に肌トラブルがおきていると施術ができない場合があります。
炎症や化膿、出血、強い乾燥をおこしていると、施術によって患部が悪化したり、痛みを強く感じたりする可能性があるからです。

敏感肌の方への医療レーザー脱毛施術は可能ですが、肌状態を整えてから施術を受けるようにしましょう。

医療レーザー脱毛は自己処理による肌への負担軽減につながる

自己処理は肌のバリア機能を低下させ、敏感肌になる原因の1つです。
カミソリで肌の角質層まで削ってしまったり、除毛クリームの成分が肌表面に刺激を与えたりすると、乾燥や炎症などを引き起こします。

医療レーザー脱毛によって自己処理の回数が減ると、セルフケアによる肌のバリア機能低下の予防も期待できます。
なお、医療レーザー脱毛の施術前は自己処理が必要です。その際は肌に負担をかけにくい電気シェーバーを使用しましょう。

肌の弱い方が医療レーザー脱毛を受ける前に知っておきたいポイント

保湿で肌の乾燥を予防する

乾燥を予防して肌の状態を落ち着かせて施術を受けましょう。
保湿は肌に合ったローションやクリームを使うことがポイントです。
新たなアイテムを使う場合は、施術までの期間に余裕を持ち、使い心地や肌の反応を確かめておきましょう。

施術直前に初めて使用するアイテムで保湿して赤みやひりつきを感じるなどの肌トラブルが起きると、レーザーの照射出力を必要以上に下げて施術をおこなう場合があり、施術効果が得にくくなることもあります。

また、肌が乾燥しすぎていると、施術時に感じる痛みが強くなったり、レーザーが照射できなくなったりする場合があります。
また、施術後に炎症などの肌トラブルが起きやすくなり、レーザーが照射できないことがあるので、日ごろから丁寧なスキンケアを心がけてください。

自己処理は必要? 脱毛前の注意すべきポイント

施術後の赤みやかゆみは冷やして落ち着かせる

医療レーザー脱毛が肌表面への刺激は少ないとはいえ、敏感肌の方は施術後に赤みがでやすいことがあります。
かゆみや赤みが出た場合は、冷たいタオルやガーゼで包んだ保冷剤を肌にあてて火照りをしずめましょう。
また、かゆくても色素沈着などの原因になるため、ひっかかないようにしてください。

赤みやかゆみは時間がたつと自然と治まることがほとんどですが、長引く場合や悪化した場合は施術を受けたクリニックに連絡して診察を受けましょう。

脱毛後の肌トラブルを避けるためのスキンケアと自己処理方法
無料カウンセリングフォーム