デリケートゾーンや脇などの肌に黒ずみがあっても、レジーナクリニックで医療レーザー脱毛施術を受けられます。ただし、あまりに黒ずみの色素が濃いと施術できないケースもあるため、心配な方は事前カウンセリングでご相談ください。

また、医療レーザー自体に黒ずみを改善する効果はありませんが、脱毛施術の効果が得られると自己処理の回数が少なくなり、肌負担が減ることによって黒ずみが改善するケースもあります。

無料カウンセリングフォーム

肌に黒ずみができるメカニズムと原因

デリケートゾーンや脇などの黒ずみは、肌に色素沈着が起きている状態です。肌が何らかの刺激を受けると、肌を守るためにメラノサイトという色素細胞がメラニンを過剰に分泌します。通常、ターンオーバー(肌が生まれ変わるサイクル)により、メラニンは肌表面へと押し出されるのですが、ターンオーバーが乱れ、刺激によって過剰に分泌されたメラニン色素が肌に残ってしまうと、色素沈着が起きてしまいます。

色素沈着の原因は、加齢やホルモンバランスの乱れ、摩擦による刺激などが挙げられます。

摩擦刺激による色素沈着

デリケートゾーンの黒ずみの原因として多いのは、下着の摩擦刺激による色素沈着です。
締め付けの強い下着や化学繊維素材の下着を長時間着用していると、動くたびに肌と下着の摩擦が生じてしまい、色素沈着につながる可能性があります。できるだけ締め付けが弱く、綿やシルクなどの肌に優しい素材の下着を選んで摩擦を軽減しましょう。

自己処理の刺激による色素沈着

カミソリや毛抜きなどの自己処理で肌が刺激され、色素沈着に繋がるリスクがあります。カミソリで剃毛すると、皮膚表面の角質層まで削ってしまい、肌表面を傷つけることがあるためです。また、毛抜きでの処理は、毛を無理に引き抜くことで毛穴に負担がかかったり、雑菌が入ったりするので、炎症などの肌トラブルが起こる可能性が高まり、色素沈着を引き起こしやすくなると言えます。

特にデリケートゾーンの皮膚は、ほかの部位よりも薄いので、少しの刺激でも肌への負担が大きく、肌トラブルが起きやすいと言えます。自己処理による色素沈着を防ぐには、カミソリやシェーバーによる剃毛の前にシェービングクリームを塗る、自己処理の回数を最低限にとどめるなど、肌への負担を和らげることが大切です。

黒ずみがあっても医療レーザー脱毛は可能!

医療レーザー脱毛は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応したレーザーが熱を発し、毛根の組織を破壊して脱毛効果を得る仕組みなので、メラニンが原因の黒ずみがあると照射によってやけどしてしまうことを心配する方もいますが、黒ずみ程度なら問題なく施術できると考えられています。

ただし、あまりに色素沈着が濃い部分は照射できない場合もあるため、心配な方はカウンセリングの際にご相談ください。

また、脇やデリケートゾーンの黒ずみを見られたくないと感じる方もいると思いますが、レジーナクリニックのスタッフは全員女性で施術にも慣れているので、患者様ができるだけ恥ずかしくないように処置にあたっています。

レジーナクリニックでは褐色肌でも照射できる脱毛機を採用

レジーナクリニックでは、ショット式アレキサンドライトレーザー脱毛機と蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機(※札幌院・上野院を除く)を採用しています。

特に蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機は、褐色の肌でも照射できるので色素沈着があっても問題なく施術を受けられます。蓄熱式の場合、メラニン色素に反応したレーザーが毛根に栄養を送るバルジ領域に熱を与えて破壊する脱毛方法で、ショット式に比べ出力が低く、肌色に関係なく施術することができます。
なお、ショット式アレキサンドライトレーザー脱毛機は、蓄熱式脱毛機に比べ、レーザーの出力が高いので、色素沈着が強く出ている箇所は照射できない場合もあります。

医療レーザー脱毛の仕組みとは?方式の違いや毛周期との関係

脱毛効果で自己処理が減ると黒ずみの改善が期待できる

医療レーザー脱毛は毛根組織を破壊するので、一度脱毛した毛穴からはほぼ毛が生えてこなくなり、カミソリや毛抜きによる自己処理を最小限に抑えることができます。

色素沈着の原因となる自己処理の回数が減ることで、少しずつ黒ずみができる原因を取り除くことにもつながります。

黒ずみを予防するために医療レーザー脱毛後はセルフケアが大切

医療レーザー脱毛の施術後は、肌は非常にデリケートな状態のため、肌トラブルが起きると色素沈着につながることがあります。肌のバリア機能低下やターンオーバーの乱れを引き起こさないために、脱毛施術後は保湿と紫外線対策をきちんと行いましょう。

入念な保湿でターンオーバーをサポート

脱毛後は肌が乾燥しているので、保湿ケアを怠ると、タオル摩擦などのちょっとした刺激でさえも肌の負担となり、ターンオーバーが乱れ、色素沈着を招く恐れもあります。脱毛箇所はいつもより入念に保湿クリームや保湿ローションでケアするようにしましょう。

紫外線対策で黒ずみ予防

脱毛後の肌はデリケートな状態なので、紫外線による刺激で肌トラブルが起きてしまい、悪化すると色素沈着につながる可能性もあります。脱毛箇所の肌露出を避けた服装を心がけたり、入念に日焼け止めを塗ったりするなど、しっかりと紫外線対策を行う必要があります。

脱毛後の肌トラブルを避けるためのスキンケアと自己処理方法