医療脱毛に用いるレーザーを、毛の黒い色素(メラニン色素)を含むほくろに照射するとやけどする可能性があります。レジーナクリニックでは、ほくろを避ける、もしくはシールで保護して施術を行っているので、ほくろがあっても医療レーザー脱毛の施術を受けられます。

医療レーザー脱毛とほくろの関係

医療レーザー脱毛は、一般的に毛のメラニン色素にレーザーを照射し、毛乳頭と毛母細胞を破壊して脱毛効果を得る仕組みです。このレーザーは、毛だけでなく肌のメラニン色素に反応するので、ほくろにも反応して熱を発します。レーザーの照射によってやけどするリスクが生じるため、基本的にはほくろがある部分やほくろから生えている毛には照射できません。

ただし、やけどのリスクはほくろの大きさや色素の濃さによって異なります。小さく色素の薄いほくろはやけどのリスクが低く、直接レーザーを照射できる場合があります。その場合、レジーナクリニックでは医師の診断のもと、出力を調整してレーザーを照射します。このとき、やけどのリスクやレーザー照射によってほくろの色が薄くなるなど状態が変わることもあるので、ご納得いただいた上で施術を受けていただきます。

なお、ほくろ除去に使用するレーザーの出力設定とは異なるため、脱毛施術のレーザーで必ずしもほくろが消えるわけではありません。また、色が薄くなったり、なくなったりするのを避けたいほくろは、保護テープで隠して照射するので、施術前にご相談ください。

ほくろに生えている毛を脱毛したいときは?

大きいほくろ・色の濃いほくろから生えている毛は、そのままではレーザーを照射できません。どうしても脱毛をしたい場合は、ほくろを除去してから医療レーザー脱毛を受ける、またはニードル脱毛を受けるという手段があります。

・ほくろ除去をしてから医療レーザー照射

皮膚科や形成外科などで、ほくろを除去してから医療脱毛を行います。ただし、ほくろ除去直後の赤みが残っている肌には脱毛施術のレーザーを照射できず、ほくろを除去した部分の脱毛施術を受ける場合、レジーナクリニックでは、詳しくは無料カウンセリングなどで医師やスタッフにご相談ください。

・ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電気針脱毛や絶縁針脱毛とも呼ばれ、毛穴に針を挿入して電流を流し毛根にある発毛組織を破壊する仕組みです。医療レーザー脱毛とは異なり、メラニン色素の有無は施術に関係ないので、ほくろが施術の妨げになることはありません。ただし、脱毛時の痛みが非常に強いという特徴があります。
レジーナクリニックでは、ニードルによる施術は行っていないので、ご了承ください。

ほくろに医療レーザーを照射する影響やリスク

ほくろの色が一時的に濃くなる・赤くなる

ほくろにレーザーを照射すると、一時的に色が赤くなったり濃くなったりすることがあります。ただし、脱毛施術後にきちんと冷却していれば、基本的に問題なく、しばらくすると元の色に戻ります。

ほくろの色が濃くなった場合は、しばらくすると元の色に戻ったり薄くなったりしますが、かさぶたのような状態になって取れ、ほくろがなくなる場合もあります。

ほくろが一時的に腫れる・突起する

レーザーの照射によるやけどでほくろが一時的に腫れたり突起したりすることもあります。腫れは基本的には冷却すればすぐにおさまります。突起は火傷で水ぶくれが出来た状態ですが、冷却することで、しばらくするとしぼんで症状がおさまることが多いです。

腫れや突起は、むやみに触ると炎症を起こしたり水ぶくれが破れたりする可能性があるので注意しましょう。腫れたほくろは、薄くなったりなくなったりする場合もあります。

レジーナクリニックでは、ほくろを避けるかシールで保護して施術を行いますが、もし施術後にほくろの腫れや突起に気づいた場合などは、施術を受けたクリニックにご連絡ください。医師の診察・塗り薬の処方などのアフターケアを行います

無料カウンセリングで相談

脱毛したい箇所にほくろがある・ほくろから生えている毛を脱毛したいなど、不安があれば、レジーナクリニックの無料カウンセリングでご相談ください。カウンセリングでは、ほくろの状態・その他の肌状態・体質・体調などを含めて医師が診察をして、脱毛可能かどうかを判断します。

無料カウンセリングについて詳しくはこちらをご覧ください。