肌の露出が増える夏が近づくと、医療脱毛を始める人が増えてきます。
しかし、夏に施術効果を実感したいなら、施術スタートに適した季節は秋冬です。

医療レーザー脱毛は、1回のレーザー照射で発毛組織を破壊できる毛穴が限られるため、複数回施術を受ける必要があります。
夏を間近に控えて1度施術を受けても満足な効果は得られないので、秋冬から計画的に施術を重ねると良いと言えます。

また、秋冬は医療レーザー脱毛の大敵といえる紫外線量が少ない時期でもあるので、紫外線対策も行いやすい季節です。

医療レーザー脱毛を秋冬に始める理由

夏までに施術を重ねる時間の余裕がある

医療レーザー脱毛は、個人差はありますが、満足できる効果を実感できるまで5~8回程度の施術が必要です。
レジーナクリニックでは、全身脱毛プランで自己処理の頻度が少なくなる施術回数の目安を5回に設定しており、コース完了までに早くても8ヶ月から1年程度かかります。
施術は2~3ヵ月の間隔をあけて受けるため、秋冬に始めると最短で夏までにコース完了が可能なのです。

施術のペースを一定期間あける理由は、医療レーザーが毛の生え変わるサイクル(毛周期)のうち、成長期にある毛の発毛組織のみ破壊できることにあります。
レーザーが毛の黒い色素(メラニン)に反応して発した熱を発毛組織に伝えるには、毛と発毛組織がくっついている必要があります。
毛周期は、成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返しており、成長期の毛だけが発毛組織にくっついている状態なのです。

毛周期は部位によって間隔に差があるうえ、同じ部位でも成長期を迎えるタイミングは毛によって異なります。
全身の毛で同時期に成長期を迎える毛は、全体の約20%といわれています。

各部位の毛周期は顔が1~2ヶ月、体だと1ヶ月半~4ヶ月と幅があるため、クリニックでは、毛周期を平均した2~3ヵ月おきに施術に通う必要があると判断しています。なお、毛周期に個人差があること、施術を重ねるにつれて毛量が減っていくことなどから、3ヵ月以上の施術間隔を提案する場合もあります。

脱毛に通う適切なペースは毛周期で決まる

紫外線量が少なく日焼けしにくい

医療レーザー脱毛は、日焼けした肌が炎症を起こした状態だと施術できません。
秋冬は、春夏に比べて日照時間が短く、紫外線量も少ないうえ、服装の観点でも日焼け対策がしやすいため、脱毛施術を始めるのに向いている季節といえます。

日焼けして炎症を起こした肌に施術すると、炎症がさらに強く起きたり、紫外線を浴びてメラニンが増えた皮膚表面にレーザーが過剰反応して、火傷したりするリスクが高くなります。
また、日焼けによる炎症が落ち着いた肌はレーザー照射が可能ですが、濃い褐色肌だと脱毛機によっては出力を下げる場合があり、発毛組織が破壊しきれないケースもあります。

さらに施術後の刺激に敏感になっている肌に紫外線を浴びると、強い炎症が生じたり、メラニンが増加したりして、シミや色素沈着が起こりやすくなります。
秋冬に施術を始めると、施術回数によっては日照時間が長くなり、紫外線量が最も増える時期を迎える前にコースを終えられるため、施術期間中の日焼けのリスクを下げられるといえます。

レーザー脱毛期間中の日焼けはダメ!施術NGや肌トラブルの原因に

春夏と比べて予約が取りやすい

春は露出が増える夏に向けて脱毛を検討する人が多いので、予約が混み合う傾向があります。
予約が集中して希望日に施術を受けられないと、脱毛に通う期間が長引き、毛量を減らすのに時間がかかってしまいます。
秋冬は春夏に比べると予約が取りやすいので、計画的に脱毛施術を進めることができます。

季節ごとのスキンケアのポイント

肌が乾燥しやすい秋冬は念入りな保湿が大切

秋冬は肌が乾燥しやすい時期なので、化粧水やボディーローション、クリームで普段より入念な保湿を心がけましょう。

肌が乾燥していると、レーザーを照射したときに痛みを感じやすく、脱毛後に赤みなどの肌トラブルが起こるリスクが高まります。
また、自己処理も肌が乾燥する原因のひとつです。秋冬は肌の露出が少ない時期なので、自己処理の回数を最低限にとどめ、肌の負担を減らしましょう。
脱毛後の肌トラブルを避けるためのスキンケアと自己処理方法

紫外線量が増える春夏は日焼け対策を強化

医療レーザー脱毛は複数回の施術が必要なため、秋冬に施術をスタートしても回数や施術ペースによって、春夏に施術を受けることもあります。
その際は秋冬以上に日焼け止めや露出の少ない服装でしっかりと紫外線から肌を保護し、施術前後に日焼けをしないよう対策しておくことが大切です。

なお、ノースリーブやショートパンツの着用で毛を自己処理するときは、肌への負担が少ない電気シェーバーを使用してください。
秋冬に比べて肌の乾燥には気づきにくい時期ですが、お手入れ後は忘れずに肌を保湿しましょう。