女性にとって人生の晴れ舞台である結婚式。
ウエディングドレスは胸元や背中、腕を見せるデザインもあるので、肌を露出する場面でもあります。
自信をもってドレスをまとうために式前には毛のお手入れも済ませておきたいところです。

クリニックやエステでの「ブライダル脱毛」もお手入れの選択肢のひとつ。脱毛施術は効果を実感するまでに時間がかかるため、施術を始めるなら結婚式の1年前までが理想的といえます。

結婚式前に余裕をもって施術を始めるべき理由

脱毛施術は複数回受ける必要がある

クリニックでの医療レーザー脱毛やエステサロンなどの光(フラッシュ)脱毛の施術は、毛の生え変わりのサイクル(毛周期)に合わせて受ける必要があります。
施術で肌に照射するレーザーや光は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して熱を発し、発毛組織にアプローチします。
毛が発毛組織とつながっていると熱が毛根周辺の組織に届き、離れていると熱が届かなくなってしまうのです。

毛と発毛組織がつながっている時期を毛周期の「成長期」といい、この成長期の毛にレーザーや光を照射すると、その熱が発毛組織に届きます。
毛周期は毛穴ごとに異なるので、いま目に見えている毛のうち成長期を迎えている毛は、全体の約10~20%程度といわれています。
そのため、毛周期に合わせて数ヶ月おきに複数回施術を受ける必要があるのです。

レジーナクリニックでは、ほとんどの患者さまに満足いただける施術回数の目安を5~8回に設定しています。
5回コースなら最短8ヶ月で通院が完了するペースで予約をお取りすることが可能です。
※ただし、予約状況によってはご希望日に施術できない場合もございますので、ご了承ください。

契約当日や結婚式直前は施術が受けられない

クリニックの医療脱毛、エステサロンの光脱毛は、カウンセリングで施術内容やリスク、料金プランなどの説明を受けてから契約し、別の日に初回施術を予約する流れが一般的です。

契約当日にすぐ脱毛施術を受けられないので、希望通りの日程で施術を受けるには、余裕をもってスケジュールを立てる必要があります。なお、レジーナクリニックでも契約当日の脱毛施術は行っていません。

レジーナクリニックでは結婚式2ヶ月以内の施術NG

また、レジーナクリニックでは、脱毛施術によって肌トラブルが起きるリスクがあるため、結婚式前2ヶ月以内の施術はお断りしています。
施術前には「2ヵ月以内に挙式の予定がない」ことを確認させていただきます。

なお、脱毛施術を受けると、レーザーを照射した毛が抜けるまで2~3週間かかります。
施術直後に毛が抜け落ちるわけではないので、結婚式を間近に控えて施術を受けても、式当日に毛が残ることもあるので、余裕をもって施術を受けるのが望ましいです。

長期的に毛が生えてこないのは医療脱毛

結婚式に向けた施術は、医療脱毛クリニックやエステサロン・脱毛サロンで受けられます。
ブライダル脱毛を行う際は、効果や施術内容の違いを考慮して、医療脱毛やエステ脱毛を選択すると良いでしょう。

医療脱毛は、レーザーを照射して発毛組織を破壊した毛穴から毛が再生することはほとんどないと言われています。
エステサロンの光脱毛は、発毛組織を破壊するまで出力を上げられないので、抑毛・制毛のための施術といえます。
つまり、光脱毛の場合、施術を受けなくなると、毛が再び生えてくる可能性があります。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

結婚式前に脱毛しておきたい部位は?ドレス姿をきれいに見せるポイント

脇・腕

ノースリーブや半そでのウエディングドレスの場合、太くて濃い毛が生える脇や産毛が多い腕のお手入れは済ませておきたいところです。
ブーケトスやキャンドルサービスなど腕を上げる場面でも注目されやすい部位でもあります。

脇や腕は簡単に自己処理できますが、皮膚が柔らかいのでカミソリ負けや黒ずみ、埋没毛などのトラブルも起きやすい部位です。
結婚式前に肌の調子を整えるためには、脱毛施術を受けておくと肌トラブルのリスク軽減につながるといえます。

背中・うなじ

背中が開いたドレスを着たり、髪をアップスタイルにしたりする場合、産毛を処理しておきたい部位です。
背中やうなじは、自分では目に見えず、お手入れが難しい部位です。
セルフケアでは、傷ができたり、剃り残したりしてしまう可能性があるので、式前にクリニックやサロンで処理してもらうと良いでしょう。

腕・手の甲・指

手の甲や指は、指輪交換などで注目されやすい部位です。
産毛があると、指輪交換やキャンドルサービスのときにカメラのフラッシュを浴びて毛が目立ったり、写真に写ったりすることがあるので、式前に処理しておきましょう。

顔に産毛があると、ファンデーションなどが密着しにくく、ヨレやムラができやすくなります。
フェイスラインや口元の産毛を脱毛しておくと、メイクのりがよくなり、ブライダルメイクも映えるようになるといえます。

ただし、メラニン色素が薄い産毛は、レーザー脱毛や光脱毛の光線には反応しにくい場合があります。
そのため、太く濃い毛が生えている部位に比べ、必要な照射回数が多くなることがあるので、特にスケジュールに余裕をもって施術を受けることが大切です。

医療レーザー脱毛の産毛への効果

結婚式直前の自己処理はNG!シェービングが必要ならプロに任せて

結婚式まで時間がなく、クリニックやサロンでコース完了まで施術を受けられず、結婚式前に毛が伸びてきたとしても自己処理はしないようにしてください。
自己処理による傷や赤みなどの肌トラブル、剃り残しなどのリスクがあるためです。

結婚式前のお手入れは、理容師免許や医師免許を持った人による「本格シェービング(レザーシェービング)」の利用がおすすめです。
国家資格を持ったプロがカミソリを使い、衛生面や安全面に注意しながら産毛を根元付近から処理するので、剃り残しがない仕上がりが期待できます。
また、毛を剃ると同時に表面の余分な角質も取り除かれ、肌が明るく見え、化粧のりが良くなることもあります。

本格シェービングは、結婚式の3~7日前に受けるといいと言われていますが、シェービング後数日は皮脂の分泌が盛んになったり、人によっては数日で毛がうっすら生えてきたりすることもあります。
そのため、式の1カ月以上前にシェービングを試してみて、自分の手入れのタイミングを把握しておくことをおすすめします。そのうえで結婚式前のシェービングの予定を立て、肌を落ち着かせる時間を確保しておきましょう。

結婚後のライフイベントを見据えて脱毛スタート

結婚式前に余裕をもって脱毛施術を受けておくと、式直前になって慌てて手入れせずに済みます。

妊娠中や産後の授乳中は、基本的にクリニックやサロンでの脱毛施術は受けられません。
ホルモンバランスの影響で肌トラブルが通常より起きやすかったり、施術体勢によって身体に負担がかかったりするためです。

また、育児期間中も定期的に施術に通う時間を確保することが難しい方もいます。そのため、脱毛施術を検討している場合は、結婚前に施術をスタートさせると良いといえます。

無料カウンセリングフォーム