デリケートゾーンの医療レーザー脱毛をご希望の場合、痔があってもVラインとIラインの施術は基本的に可能です。
しかし、痔の患部があるOライン(肛門まわり)へのレーザーの照射可否は、クリニックの医師が判断するため、カウンセリングなどであらかじめ相談が必要です。

レジーナクリニックでは、痔があっても医師の診察のもとOラインの施術は可能です。
ただし、患部は避けてレーザーを照射するため、Oライン全体への照射をご希望の患者さまには、痔の治療を優先していただいています。

痔の症状とOライン脱毛施術の関係

痔はおもに、肛門にいぼのような腫れができる「いぼ痔(痔核)」、肛門の出口付近の皮膚が切れた状態になる「切れ痔(裂肛)」、肛門周辺の皮膚に穴が開いて直腸とつながる「痔ろう(穴痔)」に分かれます。

クリニックによって判断が異なりますが、症状が軽度ないぼ痔の場合や患部への施術を希望しない場合は、Oラインの施術ができると判断されることがあります。

しかし、切れ痔や痔ろうを患っている場合や痔の種類に関わらず症状が重い場合、手術直後はOラインの医療レーザー脱毛施術は行うことができません。
また、痔の手術後や治療途中の医療脱毛施術の対応は、クリニックによって異なるため、カウンセリングや診察などでご確認ください。

レジーナクリニックでの対応

レジーナクリニックでは、医師の診察のもと施術可否を判断しています。
痔があってもOラインの施術は可能ですが、塗り薬や内服薬で治療中の痔を含め、状態にかかわらず患部を避けて照射します。
Oライン全体の施術をご希望の場合、痔の治療を優先していただくようにお願いしています。

なお、患部の状態によっては周辺を大きく避けてレーザーを照射する必要があり、Oラインのわずかな範囲しか照射できない可能性もあります。
そのため、医療レーザー脱毛は、痔の治療後に症状が落ち着いた状態で受けることが望ましいです。

また、痔の手術直後の施術は行っておりません。
手術後の照射可能時期については一人一人の術後経過により異なるため、クリニックにご確認ください。

痔がある状態で施術をするリスク

患部周辺の照射時に痛みを感じやすい

痔がある部分の皮膚が切れている、炎症がある、傷となっている場合、患部周辺を照射すると、痛みを強く感じることがあります。

照射漏れ

痔の痛みを強く感じる状態だと、照射時に適切な体勢を取りにくくり、レーザーが患部にうまく照射できず、照射漏れにつながる可能性があります。
また、痔により皮膚が隆起していると、レーザー脱毛機の照射面が皮膚にうまく密着しないため、照射漏れが起きやすくなってしまうのです。

脱毛の照射漏れが起きたら?レジーナクリニックの対応と保証期間

痔ではなくスキンタグの場合は施術ができる?

痔と勘違いしやすい症状として「スキンタグ」があります。スキンタグは、肛門周囲の皮膚のたるみのことを指し、いぼ痔や切れ痔などで肛門部分が腫れたあとに患部が委縮し、シワとなって残った場合などに生じます。

内科や外科(肛門科など)を受診し、肛門周囲の皮膚のたるみが痔ではなくスキンタグであると判断された場合、一般的にOラインの医療脱毛施術が可能です。

レジーナクリニックでは、スキンタグか痔のか判断が難しい場合、事前に内科や外科(肛門科など)で診断を受けた後、患者さまに医療脱毛の無料カウンセリングにお越しいただいています。

Oライン脱毛のメリットと自己処理によるリスク – レジーナクリニック【レジクリ】

無料カウンセリングフォーム