医療レーザー脱毛を受ける回数は、施術を希望する部位の毛量や毛質など患者さまによって個人差があります。なお、施術は毛の生え変わりのサイクルを踏まえ、複数回行う必要があります。

レジーナクリニックでは、各部位で1回・5回・8回のプランを用意し、患者さまの毛質や毛量を踏まえ、施術回数をご提案しています。

施術を複数回受ける理由

施術を複数回受けることには、毛の生え変わるサイクル(毛周期)が大きく関係しています。医療レーザー脱毛は、黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーを照射し、照射時に発生した熱で毛乳頭や毛母細胞、バルジ領域という発毛組織を破壊するための施術です。施術では毛の生え変わるサイクル(毛周期)のうち、成長期を迎えている毛の発毛組織のみ破壊できる仕組みなのです。

毛は、伸びて抜け落ちるまで成長期・退行期・休止期の3つの周期を繰り返します。このうち、レーザー照射時の熱を発毛組織に伝えられる時期は、毛根にある発毛組織と毛が密着している成長期のみです。

毛周期は部位や毛穴によっても異なり、すべての毛穴が同じタイミングで成長期・退行期・休止期を迎えるわけではありません。同時に成長期を迎える毛は、全体の20%程度です。1回の施術で発毛組織を破壊できる毛穴は最大でこの20%程度ということになります。つまり、各部位の毛穴が成長期を迎えるタイミングでレーザーを照射するには、5回の施術が必要になる計算です。

施術時に成長期を迎えている毛の発毛組織を必ず破壊できるわけではありません。また、毛量や毛質によってレーザーが反応しにくい部位は、5回以上の施術を行う場合もあります。レジーナクリニックでは、患者さまが施術を希望する部位の毛量や毛質を踏まえ、5〜8回の施術を提案しています。

部位や肌状態による施術回数の違い

顔や背中、うなじ、二の腕、太ももなど産毛や細い毛が生えやすい部位は、毛のメラニン色素が薄いことからレーザーが反応しにくいため、施術回数が多く必要になる場合があります。

また、施術時に肌が乾燥しているなどの理由でレーザーの出力を下げて施術を行った場合、予定していたより施術回数が増えることがあります。レーザー照射時に十分な熱が発生せず、発毛組織を破壊できない可能性が高まるためです。

施術回数ごとの変化やスケジュール

施術回数は毛周期を踏まえて、間隔をあけて受ける必要があります。しかし、部位や毛穴によって異なる毛周期の成長期は、医師でも確実に見分けることできません。そのため、クリニックでは、2カ月以上の間隔をあけて施術を受けるスケジュールを患者さまに提案しています。

初回施術後、2〜4週間ほどすると、毛が自然に抜け落ちていきます。そして、新たに成長期を迎えた毛が生えそろう2〜3カ月後に2回目の施術を受けていただきます。初回施術とは別の毛穴の毛が新たに成長期を迎えている状態です。その毛を対象にレーザーを照射します。

このように3回目、4回目、5回目と最低2カ月の間隔をあけて施術を受けていきます。レーザー照射によって発毛組織が破壊されると、その毛穴から再発毛する可能性はほとんどありません。施術を重ねて発毛組織が破壊された毛穴が増えると、生えてくる毛が少なくなっていく仕組みです。レジーナクリニックでは、患者さまによって個人差はありますが、各部位5~8回程度の施術を受けていただいています

なお、レーザーの照射を繰り返すと、毛質が変化したり、生えてくる本数が減ったりして、毛が生え揃うまでの期間が長くなります。そのため、レジーナクリニックでは患者さまの施術状況に合わせて、施術間隔を2〜3カ月以上あける施術スケジュールを提案する場合もあります。このことから施術期間は、5回コースは8カ月〜1年、8回コースは1年2カ月〜2年かかります。

患者さまのご希望の施術部位によって施術回数・期間は異なるため、詳しくは無料カウンセリングで医師やスタッフにご相談ください。