よくある質問

照射について

肝斑がある場合、脱毛できますか?

医師が肝斑の大きさや色の濃さを確認し、脱毛の可否を判断します。

まずは無料カウンセリングで医師にご相談ください。

なお、脱毛可能であると医師が判断した場合でも、肝斑自体は避け、それ以外の部分にレーザーを照射することがあります。肝斑にレーザー照射すると、レーザーが肝斑のメラニン色素に強く反応して火傷につながる可能性があるためです。また、脱毛後に赤みが出たり、肝斑の状態が悪化したりするおそれもあるので、医師が診察で脱毛の可否を判断します。

キーワード検索

調べたいキーワードを入力してください

上記で解決できない場合、
以下よりお問い合わせください。

無料カウンセリング
予約
オンライン
カウンセリング予約