よくある質問

照射について

皮膚移植後でも対応できますか?

医師が患部を診察し、対応の可否を判断します。

皮膚移植をした部分が色素沈着を起こしていたり、傷口が盛り上がっていたりする場合、レーザー照射によってやけどなどを起こすリスクがあるため、対応できない場合もございます。

なお、医師が対応可能と判断した場合でも、皮膚移植をした部分の肌の色味や傷口の状態によって、照射出力を弱めたり、避けて照射したりする可能性があります。

キーワード検索

調べたいキーワードを入力してください

上記で解決できない場合、
以下よりお問い合わせください。

無料カウンセリング
予約
オンライン
カウンセリング予約