レーザー脱毛の原理

医療脱毛に関する用語
レーザー脱毛の原理について解説します


普段私たちが見ている太陽などの光は様々な波長が組み合わさってできていますが、脱毛レーザーの光は固有の波長を持っています。


レーザー波長吸収曲線
レーザー深達度

上の図は各種脱毛レーザーの波長と、それに対するメラニン(黒い色素)、水、酸化ヘモグロビン(赤い色素)の吸収されやすさをグラフで表したものです。ちょうど波長600-800nm前後の光が、できるだけ水や酸化ヘモグロビンに吸収されずにメラニンによく吸収され、脱毛に特に適しています。

現在医療脱毛では、主に波長755nmのアレキサンドライトレーザー、他に810nmのダイオードレーザーや1064nmのNd:YAGレーザーが使用されています。このnmの数字が大きい程皮膚の奥深くに届き、一般に755nmは体毛全般、1064nmは男性の髭の毛根の深さをカバーできるものとされています。

それらの脱毛レーザーの照射時間を調節する事により、周囲の組織の損傷を少なくして目的の組織だけに反応させ破壊する、つまり皮膚そのものをなるべく傷つけずに毛とそれを包む毛包だけに反応し、毛を生じなくさせる事が可能です。