ライトシェアデュエット

医療脱毛に関する用語
ライトシェアデュエットについて解説します

波長810nmのダイオードレーザーです。照射時に皮膚を吸引し、皮膚を伸展して痛みを和らげ、表皮のメラニン色素を拡散させることで熱傷リスクを軽減しています。スポット径は大と小があり使い分けられるので広いところはスピーディーに、細かい部分は精密な照射が可能です。
大スポット径のハンドピース使用時は照射部位を吸引しながら、小スポット径の使用時はコンタクトクーリングにより冷却し施術しますが、大スポット径のものはジェルが不要、小スポット径のものはジェルが必要で使い分けが煩雑です。