適切な脱毛の周期は「毛周期」により決まります。
体毛には毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルがあり、その中の成長期の毛のみ脱毛効果があります。そのため、成長期がくるタイミングで脱毛をおこなっていくことが適切な脱毛周期となります。

この記事では、脱毛に通い始める前に知っておきたい、脱毛周期と毛周期の関係について解説します。

毛周期とは

毛周期とは、毛が生えてから抜けるまでの生え変わりのサイクルです。毛周期には、成長期・退行期・休止期という3つの段階があり、休止期を終えるとまた成長期、というようにサイクルが繰り返されています。

・成長期
毛が成長段階で、皮膚の下で伸びている段階を成長期前期、さらに伸びて肌の表面に出てきた段階を成長期後期と呼ぶこともあります。成長期の毛は最も根が深く、メラニン色素も濃いのが特徴です。

・退行期
毛の成長が止まり、毛が毛根から次第に離れていく段階です。退行期になると毛が抜け始めるだけでなく、メラニン色素も次第に薄くなっていきます。

・休止期
毛が自然と抜け落ち、次の成長期に向けた準備期間です。完全に毛が毛根と離れており、毛周期の3段階の中で最もメラニン色素が薄い段階になります。

全ての体毛は同じサイクルで成長していくわけではなく、常に体毛が一定量に保たれるように成長期・退行期・休止期の毛が混在しています。

脱毛のレーザー・光は成長期の毛にのみ効果がある

脱毛クリニックや脱毛サロンで使用する脱毛機器のレーザー・光は、毛のメラニン色素に反応することで毛根に照射される仕組みです。
成長期の毛はメラニン色素が濃いため、脱毛施術機器のレーザー・光が毛根まで届き、医療レーザーであれば毛根を破壊し、半永久的に毛が生えてこない状態にすることができます。
そのため、一回の脱毛の施術で成長期の毛の割合が多いほど、脱毛効果が高くなります。

つまり、施術を受けた後は、退行期・休止期が過ぎるのを待ち、成長期にレーザー脱毛するのが効果的です。

また、脱毛サロンでの光脱毛は医療レーザー脱毛に比べて照射出力が弱く、毛根細胞を破壊することはできないため、減毛・抑毛のための施術になります。

毛周期に合わせて脱毛できないとどうなる?

退行期の毛や休止期の毛は、メラニン色素が薄いため、レーザー・光の反応が弱くなり、毛根まで照射ができず脱毛効果が下がります。
このことから、自己処理がいらなくなるような脱毛効果が得られるまでに施術回数が多くなり、脱毛へ通う負担や追加施術費用も大きくなってしまう場合があります。
そのため、少ない負担で効果的に脱毛するには、毛周期に合わせて脱毛することが大切です。

部位ごとの毛周期と脱毛ペース

毛周期もすべての部位で異なります。

部位 毛周期
1ヶ月〜2ヶ月
1ヶ月半〜2ヶ月
3ヶ月〜4ヶ月
ワキ 2ヶ月〜3ヶ月
VIO 1ヶ月半〜2ヶ月

各部位の毛周期は、顔が1ヶ月~2ヶ月、体が1ヶ月半~4ヶ月と幅があります。
このことから、複数の部位を同時に脱毛する場合、脱毛周期を変えて通うのは難しくなります。

複数部位を脱毛する場合は、各部位の毛周期を平均しておおよそ2~3ヶ月おきに通うのが効果的です。
2~3ヶ月おきの施術は、各部位の毛周期の平均的なタイミングであり、成長期以外の脱毛効果が期待できない退行期や休止期にレーザーを照射してしまうリスクを減らせます。

多くの脱毛クリニックや脱毛サロンでは、脱毛の進み具合や毛の薄さを確認し、次回施術時期を提案してくれるため、最後まで効率を落とさずに脱毛することが可能です。

レジーナクリニックでは、医師の指示のもと照射の強さや速度の調整を素早くおこなうことができます。
そのため、レジーナクリニックでは、メラニン色素の多い成長期の毛を効率よく脱毛することができ、脱毛にかかる施術期間を短くすることが可能です。

毛周期に合わせて脱毛するための注意点

自己処理で毛抜きをしない

一回目の施術から次回の施術までの期間、毛抜きを使って自己処理をおこなうと脱毛効果が下がります。
その理由は、自己処理で毛を毛根から抜いてしまうと、次に生えてくる毛が本来とは異なるサイクルで生えてきます。それにより毛周期が狂ってしまい、脱毛ペースを毛周期に合わせて通っていても、脱毛効果が出にくくなります。
また、脱毛に通う直前の自己処理毛を抜いてしまうと、毛を抜いた部分にはメラニン色素がない状態になってしまうため、レーザー・光が反応しなくなり、脱毛効果がなくなってしまいます。
脱毛効果を最大限に高めるためにも、脱毛期間の自己処理はシェービングのみとするのが良いでしょう。

脱毛期間中は日焼けをしない

日焼け後の少し黒い肌の状態で脱毛すると褐色部分のメラニン色素にもレーザー・光が反応し、レーザー・光の効果が低くなってしまいます。
そのため、毛周期に合わせて脱毛していても、脱毛効果が低下してしまうことにも繋がります。
また、レーザー・光が褐色部分のメラニン色素に反応することで、やけどをしてしまう場合や、施術自体ができず脱毛周期が合わせて通えなくなってしまうこともあるため注意が必要です。

レジーナクリニックでは、日焼けしていても施術可能な蓄熱式脱毛機を一部医院を除いて使用しているため、褐色肌の場合でも施術が可能な場合があります。
脱毛クリニックや脱毛サロンで断られてしまった方は、一度カウンセリングにお越しいただきご相談ください。

クリニック・サロン選びにも気を付ける

毛周期に合わせた脱毛するためには、クリニック・サロンの通いやすさや予約の取りやすさも大切です。
通いたいタイミングで予約が取れない、営業時間や場所が通うには不便なクリニック・サロンは、自分の思うスケジュールで通うことができず、毛周期に合わせた脱毛ができない場合があります。

通いやすさをチェックする際は、クリニック・サロンの立地や営業時間を確認し、電話やカウンセリングでクリニック・サロンに直接確認してみるのが良いでしょう。

レジーナクリニックでは、全国主要都市の駅近に14院展開しており、平日21時まで診療可能なため、仕事帰りでも気軽に通うことが可能です。