よくある質問

照射について

ダーマペンの治療前後でも対応できますか?

ダウンタイムが終了して肌の赤みなどが引いていれば、対応できる可能性が高いです。

極細針を使用して肌表面に一時的に小さな穴を開けるダーマペンの治療後は、肌に赤みが出ている場合があるため、医師が肌の状態を確認して対応の可否を判断します。無料カウンセリング時にご相談ください。

なおレーザーを照射するためには、ダーマペンの治療から1カ月が経過し、ダウンタイムが終了して肌の赤みなどが引いている必要があります。

また照射直後にダーマペンの治療を受けると、肌トラブルを起こす可能性が高まるため、照射後は1カ月以上間隔をあけましょう。

キーワード検索

調べたいキーワードを入力してください

上記で解決できない場合、
以下よりお問い合わせください。

無料カウンセリング
予約
オンライン
カウンセリング予約