白髪は髪の毛だけでなく、加齢やストレスによって体毛にも生えてきます。
特に気にされる方が多いデリケートゾーン(VIO)などの白髪は、ニードル脱毛なら処理が可能です。

※レジーナクリニックでは、ニードル脱毛は取り扱っておりませんのでご注意ください。

白髪のメカニズム

毛髪の色は、毛根組織の中にある色素細胞(メラノサイト)で作られるメラニン色素の量で決まります。

メラニン色素の中でも褐色や黒色のメラニン(ユーメラニン)を多く含むと、黒色の毛が生えます。
しかし、加齢や遺伝、ストレスなどが原因でメラノサイトの活動が低下すると、メラニン色素が作られなくなり、白髪が生えてきます。

ニードル脱毛で白髪が処理できる理由

ニードル脱毛(針脱毛)は、毛穴一つひとつに針を刺し込み、微弱な電流を流すことで毛根にある毛乳頭を破壊して脱毛効果を得ます。
一方、光脱毛や医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応して発生させた熱で毛を作る組織にダメージを与える仕組みです。
つまり、メラニン色素のない白髪に照射しても脱毛効果は得られません。

ニードル脱毛は、電流で毛根組織に直接アプローチできるので、白髪でも脱毛可能なのです。
また、ニードルはメラニン色素に反応しないので、メラニン色素を多く含むほくろに生えている毛も脱毛できます。

ほくろがある部位・ほくろ毛は医療レーザー脱毛できる?

ニードル脱毛の注意点

ニードル脱毛は毛を一本ずつ処理していくため、一回あたりの施術時間が長くかかります。
一度に施術できる毛の量も少ないため、脱毛期間が長期化しやすい特徴があります。
また、医療レーザー脱毛よりも施術時の痛みが強く、施術時間も長いことから長時間痛みに耐えなければいけないデメリットもあります。

白髪がある部位を効率的に脱毛するには

脱毛したい部位に白髪が数本だけ生えている場合、医療レーザー脱毛と併用することで効率的に処理できます。

毛穴をひとつずつ処理するニードル脱毛に比べ、医療レーザー脱毛は1回の照射面積が広いので、短時間で施術が終わります。白髪の数が少ない場合、メラニンを含む黒い毛は医療レーザーを照射し、白髪はニードル脱毛で処理するとよいでしょう。

ただし白髪の量によって実感できる効果は異なるので、まずは無料カウンセリングを受け、脱毛のプロに相談してみましょう。

白髪が気になりやすい部位

脱毛時に白髪を気にされる方が比較的多い部位は、デリケートゾーン(VIO)です。頭髪に白髪がなくても、デリケートゾーンのIライン後方には先に白髪が生えることもあるためです。

生理中は、経血がアンダーヘアについてしまったり、ムレやニオイなどが気になったりといったストレスがあります。デリケートゾーンの脱毛は、そのようなストレスの解消につながるため、希望される方も増えています。
またアンダーヘアがあると、排泄物の付着で肌が炎症を起こす可能性もあります。

老後に介護されることも見据えて、デリケートゾーンを脱毛する人も増えています。
白髪は光脱毛やレーザー脱毛での施術ができないため、半永久的な処理を希望する場合、ニードル脱毛しか受けられなくなってしまいます。
白髪も含めてデリケートゾーンを脱毛したいという方は、白髪が増える前に黒い毛を医療レーザー脱毛で処理しておくのがよいでしょう。

VIOの医療レーザー脱毛