皆さまこんにちは!
人事部のいばです💁‍♀️

先日双眼鏡を片手に、東京ガールズコレクションに行ってきました!
生で見るモデルさんたちは本当に細くて‥😳
ダイエットのモチベーションが一気に上がり、翌日から毎日1時間運動をしています🏃‍♀️
今月マイナス2キロを目標に(少なすぎますか?😂)頑張りたいと思います!!

=============================
それでは今回のブログは、7月に引き続き『ビジネス研修』についてです!

前回ご紹介した通り、内容は大きく分けて3部構成です🎉

①チームビルディング
②ビジネススキル・ビジネスマインド
③報連相~伝える技術~

後編では、③についてご紹介いたしますね🙆‍♀️

=============================
③報連相~伝える技術~

組織の一員として、『スキル』はもちろん、仕事に対する『姿勢』、『考え方』も大切です!
これが、お仕事における『軸』になります🤔

 

なかでも研修前にお話しておきたいのが‥

『報連相』についてです!

大切だと理解はしているものの、特別重要視はしていない‥という方も多いのではないでしょうか?🤔
ですので、改めて報連相の重要性を理解していただきたいと思っております!

研修のみで報連相を身に着けるということは難しいですが、きっかけをつくり意識が変わるだけで習熟度に大きな差が出ます!

 

報連相とは皆さまご存じの通り、『報告・連絡・相談』の3つです!

・報告
 仕事の進捗状況や結果などを知らせることです。
 タイミング、適切な手段、構造化が必要になります!

・連絡
 関係者へ、発生した事実や情報などを知らせることです。
 素早く、適切な手段で行うことが重要になります!
 的確な状況を伝えられなくなるため、意見は不要です🙅‍♀️

・相談
 決定しかねている状況において、判断材料を増やすことです。
 理想と現状があり、それを埋めるための手段になります!
 あくまで決めるのは自分です!

報連相をしっかり使い分けることができれば、自分が得たい回答、アクションをとってもらうことが可能です◎

 

また、報連相について理解した上で、『ヒヤリ・ハット』の考え方も大切です!

ヒヤリ・ハットとは、簡単にまとめるとヒヤリとしたこと、はっ!としたことになります💦
詳しくご説明すると、「結果として重大な事故などに至らなかったものの、一歩間違えれば事故につながりかねない出来事」のことです。

こちらはリスクマネジメントの観点で大切な考え方になります🤔

 

ヒヤリ・ハットに関する法則として、『ハインリッヒの法則』というものがあります!
こちらは『1:29:300の法則』とも呼ばれます。

1件の重大な事故や災害の背景には、29件の軽微な事故や災害が存在します。
さらにその背後に、事故や災害になりかけた300件の出来事が隠れているというような法則です!

マストで報連相するべきものは1件と29件。
300件のうち、リスクとしてマイナスに作用するものは必ず報連相をしましょう💁‍♀️

例えばお金に関わることや患者さまからのご意見など、言いづらい気持ちは重々わかりますが、失敗したことではなくそれを隠さず報告してくださったことを評価します!
ですので、これらをしっかり伝えられるようになっていただきたいと考えております✨

 

また報連相ができると、仕事の抜け漏れも防ぐことができますね😊
チームでお仕事をする上では、非常に重要なことです✨

どのような失敗も、報連相をせずに起こる問題に比べたら小さいものです!


仕事に失敗はつきものですよね‥
だからこそ改善に繋げるために些細なことでも報連相はしていただきたいと思っております🙋‍♀️

=============================
このような内容を教えてくれる会社はなかなか少ないですよね‥🤔
研修内でお伝えする考え方やスキルを身に着けることができれば、より効率的にお仕事ができるようになります!

レジーナならではのビジネス研修が、改めて仕事の考え方等を身に着けるきっかけとなり、一緒に前向きにお仕事ができたら嬉しいです☺

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました💛

=============================
引き続き、施術体験会・クリニック見学・オンライン説明会も実施中です!

⭐施術体験会
(関連記事)https://reginaclinic.jp/recruit/blog/0053/

🏥クリニック見学のご応募はこちら
(関連記事)https://reginaclinic.jp/recruit/blog/0040/

📺オンライン説明会のご応募はこちら
(関連記事)https://reginaclinic.jp/recruit/blog/0030/

もちろん直接選考へのご応募も大歓迎です!
💡選考のご応募はこちら